ようこそ

SyncWorld(シンクワールド)株式会社へようこそ!

SyncWorld株式会社は2001年に創業した、インターネットを使った新しい文化や事業の発展を促進するための活動を支援する企業です。

1990年代半ばに始まったインターネットによるデジタル革命は、米国で2000年、日本でも2001年にバブル崩壊をうたわれました。しかし、新しい事業は不況期に出てくるものです。そこでSyncWorldは2002年に創業し、主に米シリコンバレーのインターネット企業の起業ダイナミズムを生かして、日本やアジアにおける新規事業展開を支援する活動をハンズオン型で手がけてきました。

2003年に始まったWeb 2.0とブログへの注目から、当時の業界の最注目株であった米Six Apart, Ltd.へ参画し、ブログやソーシャルメディアへの活動支援と投資を進めました。

2010年の米Six Apart, Ltd.の米VideoEggへの売却ののちも、米Six Apartの日本法人であるシックス・アパート株式会社の売却(インフォコム株式会社)を実現し、新生シックス・アパート株式会社への事業オペレーションを担っています。

また2010年以降は、他のインターネット・ベンチャーへのハンズオン投資も再開しており、コネクトフリー株式会社やイクモア株式会社など、ネットとリアルを融合しうるベンチャー起業への支援を継続しています。

代表取締役: 関 信浩

[会社概要へ]