「in2nyc」と一致するもの


ニューヨークで取る就労ビザ「IN2NYC」の電話面接が終了

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

就労ビザH1Bの取得を支援するニューヨーク市のプログラム「IN2NYC」の書類選考の話を書いたのは3か月以上前になってしまいましたが、10月に弁護士の電話インタビュー、11月に大学(実際には大学の起業家センター)との面接が、それぞれ終わりました。弁護士はワシントンDCに本拠を構える移民法担当の弁護士だったために、電話でのインタビューとなったようです。

弁護士からは、会社に関することと、自分に関することを聞かれました。会社の登記場所から始まり、製品・サービスの内容や売上の推移や、自分の学歴など、多々ありました。もっとも、自分が米国のビザを申請するのは何度目かなので、多くの質問はあらかじめ予想できており、そこについては、あまりまごつくことはありませんでした。

今回の発見は、H1Bの要件として、役職と地域に応じた最低賃金を支払う、ということを、自分自身を雇用する際にも実践する、ということです。例え自分が大多数のシェアを持っているにしても、会社と労働者は雇用主と雇用者の関係であり、H1Bは就労ビザですから、会社はそれ相応の給与を支払う必要があるわけです。

IN2NYC Logo

ニューヨークで取る就労ビザ「IN2NYC」の一次選考が終了

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

7月29日が応募の締め切りだった、就労ビザH1Bの取得を支援するニューヨーク市のプログラム「IN2NYC」(過去に取り上げた記事はこちら)。先日、第一次の書類選考が終わったとの通知がありました。応募総数は150件弱だったようですが、夏休みシーズンだったこともあり、審査に予想以上に時間がかかったようです(通知がくるまで締め切りから約3週間)。

次は提携を申し込んだキャンパスが2〜3週間かけて審査し、審査をパスした場合は面接があるそうです。

IN2NYC_banner.png

ニューヨークで取る就労ビザ「IN2NYC」のWebinarが7月13日深夜に開催

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

このブログでも何回か取り上げた、就労ビザH1Bの取得を支援するニューヨーク市のプログラム「IN2NYC」に関するWebinar(ウェブによるセミナー)が、日本時間7月13日の深夜24時(7月14日の0時)から開催されます。

今年のプログラムの締め切りは7月29日。もし来年以降の応募を検討されている方でも、Webinarに参加してみて、雰囲気を掴んでおくというのはいかがでしょうか?

IN2NYC_Logo.jpg

「IN2NYC」はニューヨーク市の起業家向けビザ発給イニシアティブ

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

米国で働く場合に頭が痛いのが「就労ビザ」の問題。これは、自分で事業を始める起業家にとっても大きな問題です。

しかしニューヨーク市が5月から始めたイニシアティブ「IN2NYC」は、地元の大学と連携することで起業家が就労ビザ(H-1B)を取得しやすくするものです。

米国で起業を考えている人は、知っておいて損はないかもしれません。

IN2NYC_Logo.jpg