ノキア携帯からモブログが可能に

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

ノキアの携帯Nokia 6600から、Atom APIを使って写真をブログに直接、投稿できるアプリケーションができたそうです(メールではなく、Atom APIを使ってブログに「直接」投稿するものです)。

Joi Ito's Web: Moblogging from the Nokia 6600 with Atom API

fotoblog_alpha
Christian is "Mr. UI" of Nokia. He gave me this cool application yesterday.

Christian Lindholm
Pertti Korhonen, Nokia’s new CTO introduced PhotoBlog for Series 60 in his keynote at ETech in San Diego. This application proof-of-concept is supporting the Atom API enabling users to post to leading blog platforms. The application was developed by Futurice, who is developing a Photblog platform.
This lets you post photos to your TypePad (or any other Atom API compliant) photo album directly from the phone without going through email.

メールを使った投稿には制限が多いですが、Atom APIを使えるブログ・サービスを使えば、高度な機能が使えるようになるわけです。日本の携帯にも早く移植されて欲しいものです。

エキサイトもBlogサービス開始

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

Exciteエキサイトがblogサービス「エキサイトブログ」を開始したそうです。もはやお約束となった社長Blogも「エキサイト社長、山村幸広のインターネットブログ」として登場しています。

「エキサイトブログ」β版オープン!

無料&簡単ブログツール「エキサイトブログ」、本日オープンしました。

短くて覚えやすいURL、
カラーテーマがいろいろ楽しめる豊富なスキン、
そして便利な機能が満載のブログセンター。

あなたのインターネットライフをより楽しくするべく、
今後もパワーアップしてきます。

ウェブログ虎の穴第二弾「Rebecca Blood」

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

ウェブログ・ハンドブックの著者、レベッカ・ブラッドブログ関連のコンテンツを充実させている@niftyココログ。その中で、著名なブロッガー(blogger)へのインタビューで構成するコラム「ウェブログ 虎の穴」の第二弾が登場していました。

blogサービス[ココログ]:@nifty:ウェブログ 虎の穴 其の二

ウェブログ(blog)に精通した“達人”の本音と成功の秘訣を聞き出す「ウェブログ 虎の穴」。第2回は、『ウェブログ・ハンドブック』の著者である、レベッカ・ブラッドさんにご登場いただきました。
 彼女は、「BLOGGER」や「MovableType」などのツールが登場する以前から、ご自身の blog「Rebecca's Pocket」を5年以上も運営している大ベテランです。
 そんなレベッカさんに、ズバリ、ウェブログ(blog)を上手に運営していくための具体的なコツや、気をつけなければいけない点などをうかがってみました。

ビジュアルにも凝っていていいですね。惜しむらくはトラックバックを受け付けないことですかね…。

デザイン、ちょっと変えました

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

TypePadのテンプレートを参考に、デザインをチョコっといじりました。
ついでに、各エントリーのページも、タイトルバナーやサイドバーを出すようにしました。

日記サイト「MEMORIZE」、blog参入

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

「日本には日記サイトがある。blogは所詮、米国版日記サイトで、日本でははやらない」というフレーズを思い出します。でも日記を提供する側にしてみれば、いい機能はどんどん取り入れるのがサービスですから、このように両者のいいところが融合されていくのは、ユーザーとしては歓迎ですよね。

MEMORIZE '04editionリリースのお知らせ

MEMORIZEでは、昨今注目を集めているblog等に対応した新しい機能の導入を検討・開発してまいりましたが、これらの機能を実装した新しいバージョンを、2004年1月23日、MEMORIZE '04editionとしてリリースすることとなりました。

'04editionの概要


  • コメント、トラックバック、RSS等blogの代表的な機能を、従来のweb日記に違和感なく組み込むことが出来ます。

  • 優れた機能を、誰でもより簡単に利用できるよう全体的にインターフェイス&ユーザービリティを見直し使い勝手の向上を計りました。

  • カウンターのスタイル・色を設定できるようになります。

  • 有料版では、全てのページのアクセスログを記録できるようになります。

  • 有料版では、画像の縮小アップロード機能に対応しました。

  • シンプルでスタイリッシュなロゴに変更しました。


AdSenseとクレジットカードの関係その後

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

先日、「Google AdSenseのお手並み拝見」というエントリーで、AdSenseについて少し触れた。

その中で書いたように、改めてクレジットカード関連のエントリーを作成してみたが、最初に書いたエントリーの広告がクレジットカード関連になったにも関わらず、今回のエントリー(内容はまったく同じ)には、クレジットカード関連の広告はまったく掲出されていない。

しかし、その後の効果として、トップページとカテゴリー「Test」のAdSense広告の多くが、クレジットカード関連になり始めた。

Google AdSenseのお手並み拝見

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

アメックスの広告も出たGoogle AdSenseを導入して2週間強が経過した。ある人から「アメックスなどクレジットカード系は、クリック時の換算レートが高いと聞いた」とうかがったので、早速ダミーのエントリー「アメリカン・エクスプレス(American Express)、またはアメックス」を作ってみた(トップに出ないように古い日付にしておいた)。

作成してからたった2日ぐらいで。AdSense広告にもクレジットカード系のものが、たまに出るようになってきた。おそるべしGoogle。

今度はPingを送らず、トップからもリンクがないようにして、もう一度同じ内容のエントリーを作成して、クロールの様子を見てみよう(Testカテゴリーを探せば見つかります)。

YOMIURI ON-LINEに「ウェブログ」登場

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

YOMIURI ON-LINE(読売オンライン)の「デジタル辞典」に「ウェブログ」が登場しました。でも、なんか分かったような分からんような…。

ウェブログ(Weblog/うぇぶろぐ) / モニ太のデジタル辞典 / ネット&デジタル / YOMIURI ON-LINE

ウェブログを始めてみてはいかがですか。ウェブログというのは、ウェブでつける公開日記のようなもので、ブログと略されることもあります。
 日記の“ようなもの”としたのは、普通の日記とは微妙にニュアンスが違うからです。毎日更新する一口メモ付きリンク集という感じでしょうか。ウェブサーフィンをしていて見つけた面白いウェブサイトに短い感想文を付けて紹介するのが基本スタイルです。

でも、用語に対するニーズがある(ありそう)なので取り上げているわけですから、一般紙でもウェブログという言葉をちょくちょく見かけるようになりそうですね。

FriendRankという発想

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

Connecting networksCNET Japanの「梅田望夫・英語で読むITトレンド」を読んでいたら、今日はソーシャル・ネットワーキングについて。特に後半に「FriendRank」というコンセプトの話が紹介されていて興味深かった。

CNET Japan: 梅田望夫・英語で読むITトレンド: ソーシャルネットワーキングがブレークするには

PageRankならぬFriendRankという発想
そしてたぶんいちばん面白かったのが、Jeremy Zawodny's blogの「FriendRank」である。タイトルからだいたい想像がつくかもしれないが、GoogleのPageRankに相当するFriendRankアルゴリズムとその実装が必要だという指摘だ。

私はこの発想をBlogのつながりに利用できないかな、と思っていて、もう1年ぐらい前に、半ばたわごとのように「Trusted Trackback」という形で実現できないか、と書いたことがある。

まだ、このFriendRankの記事を読んでいませんが、昔に書いたTrusted Trackbackの記事が英語なので、とりあえずそのときの考えを日本語にするところだけやっておこうと思う。