大きな夢も一歩から(「気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ」を読んで)

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ(草思社)」を読んだ。整理術の本かと思ったら、スケジュール管理指南本だった。「ふーん、まぁこうやればうまくいくんだろうねー」と思いながら読み進むと、かなり後半(183ページ!)に、結構感動するフレーズに出会った。

それは、「ハートマークのついた行をつくる」である。スケジュールの中に、自分の将来の目標を達成するためのものを組み込み、それをハートマークをつけて、必ず毎日入れて実行しろ、というものだ。例えばチェロ奏者になりたいのであれば、今日は「チェロを戸棚から出す」、明日は「楽譜を探す」、明後日は「弓の手入れをする」などなど。

要は、その日のうちに済ませることができるような小さなことを、必ず毎日の予定に入れて確実に遂行する。「多忙を極めるビジネス環境の中で日々の業務を効率的にこなし、将来の夢を実現しよう」―。この書の隠されたメッセージを垣間見たような気がする。

「夢は本人の意志と実践なくしては実現しない」―。この当たり前のことを、いま、ボクたちは、本当に理解しているだろうか。

紙とペンで始める「三次元思考」

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

昔に比べて、紙とペンで物事を考えることが多くなった。

いや、正確には、PCが清書用のワープロになってきた気がする。自分が新人のとき、「ワープロで書くより、手書きの方が早く原稿があがる」と言っていた先輩を笑っていたことを思い出す。

キーボード・アレルギーとは違う、何かが起きたのだろうか。