FabFoundryが提携を通じて日米での活動を拡大中!

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

ハードウェア・スタートアップを支援するFabFoundryをニューヨークで設立してから2年。特に2017年になってから、さまざまな動きが加速しています。自分の頭の整理も兼ねて、2017年の最初の4か月を振り返ります。

米国でハードウェア・スタートアップへの投資が加速
Appleが先進的製造業向けに1000億円規模のファンドを立ち上げるなど動きが加速。2016年上半期は120件の投資で計17億ドル(約1900億円)をハードウェア・スタートアップが調達
20億円ファンドの北米投資を担当
提携先のMaker Boot Campが国内外のハードウェア・スタートアップ向けにファンドを設立。北米スタートアップ向けへの投資と、アクセラレーター・プログラムの定期開催が決定
ニューヨークでの提携先を拡大
ハードウェア・インキュベーターNYDesignsと提携。所長が当社の顧問に就任。私がNYDesignsのExecutive In Residenceに就任。共同でMonozukuri Demo Dayを開催
ピッツバーグとの連携を強化へ
ピッツバーグ拠点のCarnegie Mellon大学の起業センターやハードウェア特化アクセラレーターAlphaLab Gearとの連携を強化。AlphaLab Gear所長が当社の顧問に就任
日本代表が就任、日本を第2の本社へ位置づけ
2月からアドバイザーとして参画していた中嶋信彰氏が5月から日本代表としてフルタイム勤務へ。日本側でのモノづくりエコシステムの整備と、北米スタートアップからの受注体制を強化
alphalabgear-hardwarecup-2017-24.jpg
4月19日にピッツバーグで開催されたHardware Cup Finals。写真: Foo Conner | Jekko.

ニューヨークはハードウェアスタートアップに向いた街。ここでエコシステムの整備に貢献していきたい(FabFoundryって何?パート3)

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

ここまでシックス・アパート出身の関が、なぜ米国でハードウェアスタートアップを支援するビジネスを立ち上げたのか説明してきました。(FabFoundryって何?パート1)(FabFoundryって何?パート2

今回は、なぜシリコンバレーではなくニューヨークなのか、また具体的にどういう事業を展開しているのかお話していきます。

IMG_7348.jpeg
2014年男子テニス全米オープン決勝。日本人がニューヨークを舞台に世界一の座をかけて戦った

エコシステムが未整備なニューヨーク

ハードウェアスタートアップを支援するビジネス、というと「なぜシリコンバレーじゃなくてニューヨークなのですか?」と聞かれることがあります。確かにスタートアップといえばシリコンバレー。それは多くの方が抱いている印象でしょう。

私がニューヨークをFabFoundry起業の地としたのは、次の理由からです。

なぜシックス・アパート出身の関が「ハードウェア」を手がけるのか(FabFoundryって何?パート2)

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

前回に続き、私が2015年からニューヨークで手がけている、米国のハードウェアスタートアップと日本の製造業をつなぐスタートアップ「FabFoundry」のビジネスについてお話していきます。今回はよくご質問いただく、「ソフトウェア開発のシックス・アパート出身の関が、なぜハードウェアを手がけるのか」 に対する回答です。

ニューヨークでFabFoundryを起業

すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私は2003年から11年半務めたシックス・アパート日本法人の取締役を2015年5月に退任し、現在は顧問をしております。「シックス・アパートの関」という印象が強い方からは、「ニューヨークで何をしていらっしゃるんですか?」と質問を受けることがあります。現在は、2011年にシックス・アパートを買収したインフォコム社の米国子会社で、同社の北米事業に関する業務を行いながら、全く別の会社『FabFoundry』をニューヨークで起業し、両輪で活動しております。

FabFoundryは、米国のハードウェアスタートアップと日本の製造業をつなぐプラットフォームを提供するスタートアップです。前回の記事で触れたように、米国のハードウェアスタートアップが陥りがちな「深刻な納期遅れ」を解消するべく、日本の製造業の手助けを受けて問題解決に向けた取り組みを進めているところです。詳しい事業内容については、次の記事をご一読下さい。

industry-882950_960_720.jpg
将来の製造業は...(イメージ図)

ブログもハードウェアも「これから新しく成長していく領域」

シックス・アパートは 、Movable Typeをはじめとするブログ・CMSツールを開発・提供する、いわゆる「ソフトウェア」の会社です。その会社に長く務めた私が、「ハードウェアスタートアップ支援」と言っても、なかなかピンとこないかもしれません。「全然違う分野じゃないか」と感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし私にとっては、「ブログやCMSも、ハードウェアも、自分がビジネスに携わった時点では、これから大きく成長していく潜在力がある領域」という意味では同じに映りました。成長分野にいるだけでワクワクしてしまいます。

米国ハードウェア・スタートアップを日本の製造業とつなぐ「FabFoundry」のビジネス(FabFoundryって何?パート1)

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

新年あけましておめでとうございます。2015年にニューヨークでFabFoundryを立ち上げてから、早くも1年半が経ちました。今日は新年のご挨拶を兼ねまして現在、私がニューヨークで取り組んでいる事業について3回に分けてお話させていただきます。

日米で15年以上の経営経験を持つ6名

FabFoundry(本社ニューヨーク、以下当社)は、米国のハードウェアスタートアップと日本の製造業をつなぐプラットフォームを提供しています。現在のチームは常勤・非常勤あわせて8名で、主要メンバーは日本や米国で15年以上の経営経験を持っています。

当社は、ハードウェアスタートアップが陥りがちな「製造」や「量産」といった問題を解決する各種サービスを、当社が運営するオンラインおよびオフラインのプラットフォーム上で提供します。事業概要についてはこちらをご参照ください(FabFoundryって何?パート3

Screenshot 2017-01-03 22.35.31.jpg
米国ハードウェア・スタートアップを日本の製造業とつなぐ

クラウドファンディング人気の裏で発生する深刻な「納期遅れ」問題

米国ではKickstarterやIndiegogoなどのクラウドファンディングサービスでお金を集め、製品を提供するハードウェアスタートアップが増えています。例えばクラウドファンディング最大手Kickstarterが2015年にハードウェア関連(「Technology」と「Design」のカテゴリー)で資金集めに成功したプロジェクトの総額は、なんと約3億2000万ドルにのぼります。

日本円にして数億円単位の資金調達に成功するプロジェクトも珍しくありません。それまで資金不足を理由に事業化を諦めてきた個人やスタートアップが、プロトタイプ(試作品)の段階で資金を得られ製品化に乗り出せるとあって、もはやハードウェアスタートアップになくてはならないサービスになっています。しかし、こうした成功の裏で、自社で設定した配送期日を守れない「納期遅れ」が深刻な問題となっています。

米国でハードウェア・スタートアップへの投資が倍増

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

日本への出張から、2か月ほどブログの更新を止めてしまっていました。英語のブログの方もほぼ同じ期間、止まっています。英語と日本語の行き来の問題ではなく、やはりアウトプットするペースには波があるなぁ、と感じています。

さて本日は、ハードウェア・スタートアップ専業のVCであるBoltの最新ブログ記事から。

さて、この右肩上がりのハードウェア・スタートアップ向け投資の伸びを内訳を見ていきましょう。

「IN2NYC」はニューヨーク市の起業家向けビザ発給イニシアティブ

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

米国で働く場合に頭が痛いのが「就労ビザ」の問題。これは、自分で事業を始める起業家にとっても大きな問題です。

しかしニューヨーク市が5月から始めたイニシアティブ「IN2NYC」は、地元の大学と連携することで起業家が就労ビザ(H-1B)を取得しやすくするものです。

米国で起業を考えている人は、知っておいて損はないかもしれません。

IN2NYC_Logo.jpg

IoT製品のサポート問題と、サービス設計の多様性

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

最近、日米で「IoT製品のサポート終了」がちょっとした話題のようです(IoT=Internet of Things)。

米国でグーグルのグループ会社である米Nest Labs社が2014年に買収したスマートホームのハブ製品「Revolv」の製品サポートが終了になったという話から始めましょう。

Revolvを開発・販売していた2012年創業の米Revolv社は、コロラド州ボルダーのスタートアップです。ボルダーは日本では、あまり馴染みのない都市かもしれませんが、有名なアクセラレーターTechstarsが始まったITスタートアップの集積地で、Revolv社もTechstars Boulder 2012の卒業生です(当時の社名はMobiplug)。その後、Techstarsの共同創業者の一人、Brad Feld氏が率いる著名VC、Foundry Groupがリード投資家としてRevolv社に関わっていました。

* Revolvのスマートホーム・ハブ。5月15日以降は使えなくなる
revolv

Revolvは当時、盛り上がっていた「スマートホーム・ハブ」製品の一つ。家庭にある複数のIoT製品を集中管理するためのもので、他にもニューヨークのスタートアップ、米Quirky社がハブ製品「Wink」をリリースし注目を浴び、サムスンがシリコンバレーのスタートアップである米SmartThings社を買収したのも2014年でした。

ニューヨークと日本を「モノづくり」で繋ぐ「Monozukuri Bootcamp」

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

前の記事を「FabFoundryはモノづくり起業を支援する持続可能なスタートアップ・エコシステムを、まずニューヨークで立ち上げようと日夜、奮闘しております。つづきます」と締めくくってから、なんと9か月ぶりの投稿になります。

昨日、FabFoundry社は「Monozukuri Bootcamp」を発表しました。Monozukuri Bootcampは一般的なスタートアップ・アクセラレーターが提供するメンター活動や発表会(Demo Day)に加えて、ハードウェアの製造支援活動として米国外(アジアを想定)にある、スタートアップにハードウェアの製造支援を提供するパートナー企業と連携して、ハードウェア・スタートアップが陥りやすい製造・生産まわりの問題発生の可能性の低減を図るものです。

Manufacturing World Map.png

持続可能なビジネスになったスタートアップ・アクセラレーター

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

前々回の記事である「FabFoundryアクセラレーターをニューヨークで始める理由」でご紹介したように、ニューヨークにあるスタートアップ・アクセラレーターの数は15以下で、シリコンバレーと比べると多くありません。しかしニューヨークで、そのうちの3つを運営しているアクセラレーターがあります。

Techstarsです。

Techstarsは2006年設立の老舗アクセラレーターで、本拠地はコロラド州ボルダーにあります。アクセラレーターとしてはシリコンバレーのY Combinator(すでに800社以上を輩出)がとても有名ですが、Techstarsもすでに500社以上を育てた業界2位のアクセラレーターです。

Techstarsはニューヨークでは、自社運営の「TechStars New York City」に加え、共同ブランドで、もう2つのアクセラレーターを運営しています。デジタルエージェンシーR/GAのアクセラレーターで、コネクテッド・デバイス(いわゆるIoT)に特化した「R/GA Connected Devices Accelerator」と、教育テクノロジーに特化したKaplan社のアクセラレーター「Kaplan EdTech Accelerator」です。

Techstarsは米国と欧州で、自社運営を9か所、共同ブランドで9か所の、合計で実に18か所のアクセラレーターを運営しています。
9 Techstars accelerators
9 Techstars co-branded accelerators

FabFoundry社が日本企業との連携強化に向け、日本人役員を増強

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

2日連続のブログ投稿はとても久しぶりですが、米国も7月になり2015年も折り返し地点を越えましたので、今日はFabFoundry社の新体制についてお知らせします。

昨日のブログ記事(FabFoundryアクセラレーターをニューヨークで始める理由)で「日本との連携を深めるための動きを並行して進めています」と書きましたが、7月から日本向けの体制強化策として、新たに日本人取締役1名と日本人顧問1名がFabFoundryに参画します。

FabFoundryの活動拠点はニューヨークであり、社員やスタッフは米国で活躍するスタッフばかりです。しかし今後の日本やアジアとの連携を考えた場合に、物理的に離れており(飛行機で14時間)ビジネスアワーもまったく重ならないニューヨークから、日本やアジアを拠点とする人々と連携するには、私たちに成り代わって活動できるスポークスパーソンが必要になると考えて、今回の日本人役員の増強を決めました。
公文俊平氏(左)と小口日出彦氏