2004年01月14日

Invitation 2月号

invitation.jpg

この雑誌、創刊されてからもう1年になるんですね〜♪
最近、この手の雑誌を全くといってよいほど手にしないし、そのコーナーにも近づかないため、ぜーんぜん知りませんでした。

ぴあが出している「大人のためのエンターテインメント総合誌」で、そうですね、イメージとしては、昔の日経エンタテインメント(ペラペラで定期購読ONLYだった)と今の日経エンタテインメントの中間位って感じでしょうか?

内容は、結構読み応えありますよ。
何よりも、この雑誌から得た情報でうれしかったのは、
パルコで「ビックリハウス住宅展」というイベントがある、ということと、1号だけ「ビックリハウス」が最発刊されるというニュース。
しかもさ、ライブもあるんだよね。
誰か一緒に行かない行かない?1/30または31の夜です。
(いや、本当にマジで連絡待っていますから・・・)

えっと、で、雑誌ですが、結構硬派な感じです。
特集の堀も深く、なんとなく気になっていた韓国映画について書かれていたので面白かったな。
でも、俳優さんの名前が似ていて、覚えられそうにないよ〜とつぶやいていたら、隣から後輩の邦ちゃんが「日本ほど名字の多い国はないそうです」と一言。
さらに「韓国の人は名を大切にするから」・・・なるほど。

確かにあたしの名前なんか「北村」だしな〜。
北海道の北の村なんて安易だもんな〜。適当につけたんだろうね、きっと。

ところで、DISC紹介に出ていた、岡村靖幸と石野卓球のコラボアルバムが気になる
私でした。(一応、おざけんの「刹那」も気になるけど)

新雑誌を読んでいるとよく感じるのは「この雑誌の働き盛りは何歳か?」」という事。もっといえば、副編の人は何歳かなぁ?って事。
予想、35歳。

Posted by taka at 13:20 | TrackBack