2004年07月13日

ソトコト〜祝・5周年

sotokoto2.bmp

継続ほど難しいことはないと、私は思うのです。
なぜなら継続には必ず相手がいるから・・・。

例えば、脈々と続いてきた家業や事業を受けついで行くことに比べると、
会社を作ることは、なんとたやすいか。

というわけで祝・5周年
このテーマで5年間、きっと大変なご苦労をされたのだろうと思います。
それでも続けていらっしゃったその心意気、変わらぬスタンス、そしてこの先どこに向かうのかを、いつか編集部の方に聞いてみたいな!


今月号を読んでしみじみ感じたのは、日本の皇族とイギリス王室との違いです。

特集は「英国流オーガニック生活」。

恥ずかしながら、チャールズ皇太子とオーガニックの関係をこの本で初めて
知ったわけですが、皇太子自らがオーガニック農園を経営し、オーガニック製品を生産して販売会社まで運営しているんですね。

更には90年代後半、米国から流入し始めた遺伝子組み換え食品。
米国と友好関係を保ちたい英政府を尻目に
「自然の摂理を冒涜してはいけない」と国民に呼びかけるなど、
自らの意思と行動を示す姿は、日本皇室とはあまりにもかけ離れているじゃありませんか?

ダイアナ元妃がなくなって、浮気相手のカミラとあんなにラブラブしていても、
国民がチャールズを好きな(きっと)理由って、
こういうところにあるんだな、と初めて実感しました。

彼もまた、脈々と続く皇室という流れを受け継ぐという、
本当に気が遠くなりそうな重荷を背負っている人。
それでも、存在価値、継続の中の変革をこういうことに見出しているのではないかと勝手ながら思うわけです。


Posted by taka at 2004年07月13日 13:29 | TrackBack
Comments

最近、自己レスが多いtakaです。

今月号を買って、スローフード協会の会員になることに決めました!

ちなみに、年会費13000円の中に、ソトコト1年分が含まれましゅ。

Posted by: taka on 2004年07月16日 17:40
Post a comment