2004年03月19日

美的4月号〜女王様とお・よ・びっ!

biteki.jpg
今、美容系の雑誌の中で、間違いなく売れているだろう、「美的」。

美容雑誌の先陣を切ったVOCEが「コスメオタク入っている人々」だとすれば、
美的は「ミーハー系コスメ好き」がターゲット。同じターゲットを狙っている「Bea's UP」をあっさりと抜き去り、女王の座を占めている。

マインド的には「VOCE」が女王だが、物理的には「美的」が女王だ。

この差は大きい、が、その話はまた今度♪

ところで、改めて今日気づいたこと。
化粧品の広告って良く出来ていると思いません?

多くの場合、「女性の顔のアップの写真」が多いのに、
ファンデーションの広告なのか、リップの広告なのか、アイシャドーの広告なのか・・・。一目でちゃんとわかるように工夫されていますね。

逆にいうと、これがパッと理解できない広告は印象に残りません。
例えば、DiorのAddictという新しい口紅の広告なんて、
女性のドアップ写真なんだけれど、唇にしか目が行かないんですよ。

すっごいねぇ、絵の力を改めて感じます。

さてさて、気になった記事は2つ。
1つは乳房に関するもので「オッパイの健乳学」という特集記事。
これまでオッパイは「大きく見せる」ことに終始されがちだったのに、
ここに来て「健康のバロメーター」的特集は面白い。
今まで、何していたんだ?って感じでもある。


そして、前々から一度言ってみたかった「北里研究所病院」の美容ドックの体験談が!!
私は、てっきり肌状態のチェックなのかと思っていたのですが、顔のバランスなども見てくれるんだぁ〜。スゴイ。

もちろん、肌の水分量やキメ、油分、メラニン濃度などの基本情報も。
更には、皮膚の血流量、酸素量も測定してくれるんだぁ〜〜〜。へぇえええええ。

ん?肌の悩みに対する診断も細かいみたいだ(例えば、目の下のくまは何故起こっているのか?など)

ドックは1回3万5千円。
高いか安いか、判断は微妙なところだけれど、わたし的には興味津々です。

Posted by taka at 2004年03月19日 13:07 | TrackBack