2003年10月25日

週刊文春10・30

bunsyun.gif
買うまい買うまい、後悔するから・・・。
そう思いつつも、どうしても「藤井総裁のイニシャルトーク」の話が読みたくて、買ってしまった。あはは。

あたしってミーハーだなぁ、まぁでもイイや。

相変わらず、中身は薄っぺらなんですが、どうして買ってしまうのですかねぇ、本当に。
多分、15分の電車の中で読むにはちょうど良いサイズ、内容なんでしょう。

この号で一番面白かったのは「阪神久万オーナーが 小誌だけに打ち明けた 星野への「本音」 。
当たり前だけれど、表に出ているエンターテンメントとしての顔と、経営の顔は違うんだなぁ、と改めて実感。野球はビジネスなんだもんね。

この記事を読んでいて、スポーツの経済活動化ってのはものすごく重要だよなぁ、って思いました。
なぜならね、私の出身の北海道・十勝はスピードスケートのメッカなので、オリンピック選手もたくさん排出しているのです。
でもね、彼らって引退してから何をしているかといえば、知っている範囲では、コンビニ勤務、トラック運転手・・・。

ちょっとどうだろうって思いませんか?
なんだかもう少し違った役割があるんじゃないかと、ついついそう思ってしまいます。

Posted by taka at 2003年10月25日 10:36 | TrackBack
Comments

はじめまして。first time poster です。

で、今週の週刊文春、「買い」でしょうか?(笑) 朝刊の広告を見て、私もおもしろそうかなと思っていたところでした。特に阪神のオーナーの話が…。

Posted by: Kiyo on 2003年10月25日 10:59

こんにちは!始めまして。

レスが遅くなりました。
文春は「買わない」でしょう(笑)

「阪神のオーナーの話」でしたら、立ち読み5分って感じです〜。

Posted by: taka on 2003年10月28日 10:27
Post a comment