« モノポリー | メイン | 注目blog! »

ボストン&ニューヨーク紀行

ここに書くのが久々になってしまいました。のっけからですが、現在ボストンにいます。今週の後半はニューヨークに行きます。

本当はテクノロジーなどテーマごとにまとめるのがいいと思うのですが、まずは旅行記的に、つれづれに時間を追って起こったことを書いてみたいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.syncworld.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/47

コメント (12)

発見その1:飛行中のコックピット
飛行中にコックピットの扉があいて、中の人が見えました(注:この写真は飛行前のイメージ写真です。その瞬間は一瞬で撮影できませんでした)。テロ対策でコックピットの扉を強化しても、一瞬の隙をついて侵入されたら…。まぁ太平洋上でしたので、万が一ハイジャックされても、都市に到達する前に空軍機に落とされるのが関の山ですが。

発見その2:なぞの食品「らあーめん」
機内で食べたインスタント・ラーメン。しかし、まったく新しい製品カテゴリーを模索しているのか、つい日本語を逸脱した意欲的な商品名になっていました。最初は「まあアメリカの航空会社だから…」と思っていましたが、本体横の会社名を見て、なんだか日本人としてさびしくなりました。

発見その3:Four Seasons Hotelのおもてなし
ボストンのFour Seasons Hotelに1泊した。1クラス上のおもてなし、を期待させるホテルだったが、着いてみると、日本の緑茶と浴衣がお待ちかね。そりゃ僕は日本人だけど、日本茶より中国茶とか紅茶の方が好き。浴衣なんか着て寝ない。なんか国籍で人を見る、押し付けがましいサービスのように感じてしまった。まぁ、ホテルのサービスが悪かったわけじゃないんだけど…。


続く

yuki:

ホテルの木漏れ日がきれいなのと、きつねらあーめんが気になりました。

らあーめんの「あ」よりも「きつね」のほうが気になりました。

ホテルの木漏れ日って? ああ、日本茶の写真のやつですね。いまボストンはすごい天気がよくて気持ちいい。でも、すごい寒いですが。

チャールズリバー沿いの写真を後で載せます。

昨晩からホテルをThe Hotel @ MIT (University Park)に移した。館内全体がMITっぽいGeekなデザインだが、全室にT1回線がきているなど、僕のライフスタイルにはFour Seasonsより向いているかもしれない。

今日も朝からいい天気だ。今朝はEthernetの父と呼ばれている、Bob Metcalfeと一緒に朝メシを食べながら雑談。昨日のノーベル賞受賞者Jerry Friedmanもそうだったが、本当にデキル人はフランクで話し好きなような気がする。まあ僕はサイエンティスト/エンジニアと気も話も合いやすいから、余計にそう思うのだろうけど。

Bobも散歩好きなので、一緒に朝メシの後、マサチューセッツアベニューをハーバードブリッジまで歩いた。気温はほとんど摂氏0度というところなので、橋の上では寒さがこたえたが、それでも何故か心地よい。Bobとは橋の直前のBeaconのあたりで別れ、そのまま歩いてホテルまで帰ってきた。途中会うのは学生ばかり。半年振りに学生に戻った感覚だ。

でも、そんな景色の中でも、橋の上をよく見て歩いていると、911の痕跡がこんなところにも残っている。911当時にボストンにいた友人は、ニューヨークに比べてボストンは比較的平静だったと言っていたが、やはりアメリカを襲った衝撃は、ありとあらゆる場所に痕跡を残している。抜けるような青空とテロ追悼。なんか、複雑な気分にさせられた。

yuki:

うわー、きれい。
まるでそこにいるかのような気持ちになりました。
ありがとう。

でも、毎日夜には雨が降っている。不思議。

yuki:

だから、夜は寒いのですね、ボストンは。
それで朝が爽快そうなんだ。

今日は朝から雨です。
つまり、昨晩の雨がそのまま残っているのでした。


5 Tuesday 8:15 p.m.

Lee Abe/Will Street
"Syncopation." Tsunenori Abe and Will Street present jazz vocals with five horns and rhythm section.

昨晩は仕事の後、友人の奥さんが通うバークリー音楽大学(Berklee College of Music)に行き、Berklee Performance Centerで開催されたJazzの演奏を見た。学生とはいえ、プロとしてやっていこうという人たちが演奏するプログラムで、ここに出られるようになるだけでも大変なものらしい。この日はLee Abeさん(日本人)が組んだユニット。中休みになるまでの1時間の演奏を楽しんだ。

その後は、昼に続いてLegal Seafoodsに行き、ロブスターを食す。この日は投票日で、夜にバーに行ったところ、ホテルのボールルームでの選挙活動を終えた党関係者が、ぞろぞろとバーになだれ込んできた。なごやかなムードだったので、共和党関係者だったのだろう。そういえば、昼のミーティングで、ミーティングの相手が「なんでアメリカでは、投票を火曜にやるんだろう?」という疑問を話していて、「日本ではどうなっているの?」と聞いてきた。「日曜にするんだよ」と言ったところ、妙に納得していた。アメリカでは宗教の関係で、土曜や日曜にはできないのだろうが、それなら投票日は休みにするとかすればいいのに、とも思う。ま、それは難しいか。

Hidehiro MATSUMOTO:

とてもなつかっしいボストンの写真がみれてうれしいです。帰国されたら、ボストン談義ができそうですね。それと、「誰にでもできるBLOG」シリーズの出版をしましょう!

木曜からのニューヨーク滞在も、もうすぐ終わりそう。宿泊はHilton NYですが、もうサービス最悪。昔から悪かったのですが、これだけ悪くなるともう本当に泊まりたくない。これで僕がホテルのゴールドメンバー、そして1泊250ドルとられているなんて…。

TB どうもです。

一ヶ月前を思い出しました。チャールズ川、いいですよね。川と呼ぶにはスケールが大きいですが、あの一体は MIT キャンパスやボストンの由緒ある街並みとうまくシンクロしていて、すごく美しい風景だと思いました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

November 5, 2002 5:45 PMに投稿されたエントリのページです。

ひとつ前の投稿は「モノポリー」です。

次の投稿は「注目blog!」です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type