« コメントにもリンクを | メイン | マスコミ報道の危機とblog journalism »

ケース・ウエスタン・リザーブ大学内で迷彩服男が小銃乱射

ZAKZAKreported.

【ニューヨーク9日共同】米中西部オハイオ州クリーブランドのケース・ウエスタン・リザーブ大学内で9日午後(日本時間10日早朝)、迷彩服の男が自動小銃を乱射、少なくとも1人が死亡、1人が負傷した。

 男は、学生らを人質に立てこもったが、同市警本部長によると、約7時間後に拘束された。男の身元や詳しい逮捕状況は明らかにされていない。

 事件は同大の経営大学院が入居する建物で発生。男は単独犯とみられ、ヘルメットをかぶり、建物の内側からバリケードを築いた。クリーブランド市長によると、地元警察が米連邦捜査局(FBI)などと協力、特殊部隊が建物内に入り、まず約60人を安全な場所に保護、その後、別の10人を建物外に救出した。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.syncworld.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/538

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

May 10, 2003 9:09 PMに投稿されたエントリのページです。

ひとつ前の投稿は「コメントにもリンクを」です。

次の投稿は「マスコミ報道の危機とblog journalism」です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type