« 戦術と指揮 | メイン | Six Apart社、社員募集!(ただしアメリカ) »

市民が記者

Asahi.comによると、最近、市民の記事をベースにしたインターネット新聞が出てきたという。

広がる草の根ネット新聞 市民が記者、生活者の視点で  既存メディアとは違った視点でニュースを届けようと、インターネットを使って草の根の日刊新聞をつくる試みが広がっている。モデルは「すべての市民が記者」のスローガンを掲げ、成功した韓国のインターネット新聞。生活者本意で独自に取材した記事を掲げ、大手新聞との差異化を狙う。

確かに重要な取り組みで、こうしたアクションが既存のメディアのだらしなさにインパクトを与えてくれるのだろう。しかし、やはり既存の新聞の枠組みを超えられないな、と思える部分もある。

広がる草の根ネット新聞 市民が記者、生活者の視点で

(続き)
東京都千代田区の日本インターネット新聞社は「市民一人ひとりが記者になって本物の言論をつくり出そう」と、2月に日刊「JANJAN」を創刊した。政治、経済から暮らしの情報まで扱う内容は幅広い。8月の月間ページビューは約60万。創刊後半年間で10倍になった。

 登録中の市民記者は、会社員、学生、NPO職員ら約550人。元受刑者は「刑務所医療の貧しさ」を訴えた。「2ちゃんねる」などの掲示板への書き込みと違い、署名が原則で、メール送信される原稿の客観性を編集部が判断する。


署名が原則なのは、今の国内の新聞に対するアンチテーゼみたいなところがあるのだろう。しかし、現行の客観性を編集部を判断するというところは、難しいところかな、と思う。日ごろ一緒に仕事をしていない人の、いわば「垂れ込み」の真偽を見抜く必要があるからだ。

名門新聞のニューヨーク・タイムズでさえ、編集者が記者の捏造記事を見抜けなかった。インターネット新聞でも、この部分、つまり「編集者」の質と量の両方が問われてしまうのかな、という気がする。

この記事の最後にも、採算性の問題が、このビジネスの課題として挙げられている。編集の部分をしっかりさせればさせるほど、固定人件費が上がってビジネスにはなりにくい。この辺り、うまく落とし込む方法を考えられないと、こうしたジャーナリズムをうまく波に乗せられないのかもしれない。

しかし、この記事をトップに載せるasahi.comって…。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.syncworld.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1506

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 市民が記者:

» 名指しかよ 送信元 s0s_bl0g
市民が記者ねぇ。 [詳しくはこちら]

コメント (2)

Sakurai:

こんにちは、Sakuraiです。最近、一気に広がるものに対しては、そのクオリティに疑問を持ちます。私はこの記事を読んだとき、怪しい??と思ってしまいました。何より参加する人の意識の問題でしょうね。ただ、多くの人に対して発信するという影響力の大きさをしっかりと認識している人が、そんなに簡単に新しいものにどんどん食いつくとは到底思えないけれど・・。確かに編集力ですね。  

About.com(本家やjp)をはじめてみた随分前にも思ったことなのですが,
プロ級だけど記者としてはほとんどお金を要求しない人たちが記事を書く
というモデルなら,編集のオーバーヘッドにしかお金が掛からないので存続できるのでは?

記事を書く人は必ずしも金銭的に大きな見返りを求めている人ばかりではないので.

Asahi.com が,この記事をトップにのせるのはきっと大手マスコミがよく見せるポーズでしょう.
すなわち,本音ではどうせ敵じゃないよと思いつつ,
表面上は,新規参入者にはエールを!!というポーズをみせつけてると見た.

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

October 14, 2003 8:44 AMに投稿されたエントリのページです。

ひとつ前の投稿は「戦術と指揮」です。

次の投稿は「Six Apart社、社員募集!(ただしアメリカ)」です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type