« 英国伝統紅茶カフェ、行ってきました | メイン | 東大がiMac1000台を導入へ »

最近読んだ本「神聖ローマ帝国」

久々に本の感想なんかを載せてみたいと思います。

神聖ローマ帝国」(講談社現代新書)は、先週偶然、渋谷駅のranKing ranQueenで、書籍の3位だったので発見しました。もともと世界史好きで「工学部世界史専攻」と言ってはばからなかった私には、値段も手ごろで面白そうな本だな、と思いましたが、冷静に考えて、「こんな内容の本が3位なんだ」と素直に驚いたものです。

内容は、そのものズバリ、神聖ローマ帝国の歴史です。読んで今まで持っていた疑問、「神聖ローマ帝国っていつの間にできたんだ?」が、それなりにスッキリしました。

思えば高校の世界史の教科書でも、西ローマ帝国の滅亡後、カール大帝によるフランク王国が西ローマ帝国として教皇に認められた、という辺りまでは載っていたのですが、その後気がつくと神聖ローマ帝国の皇帝としてハプスブルク家が出てきていました。「神聖ローマ帝国の成立」なんて章はなくて、突然出てきたと思うと、スペイン継承戦争やら何やらをおっぱじめるという…。

この本を読めば、こんな疑問だけでなく、「〜選帝侯」とかいう諸侯が、やはり突然歴史に登場した理由も分かるでしょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.syncworld.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1335

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 最近読んだ本「神聖ローマ帝国」:

» 辺縁のコンプレックスが生んだ神聖ローマ帝国 送信元 望湖庵日記
神聖ローマ帝国 講談社現代新書 菊池 良生 (著),価格: ¥756 (税込) 中世ヨーロッパ史を神聖ローマ帝国という切り口で記述した本なのですが,とても読みや [詳しくはこちら]

» 辺縁のコンプレックスが生んだ神聖ローマ帝国 送信元 望湖庵日記
神聖ローマ帝国 講談社現代新書 菊池 良生 (著),価格: \756 (税込) 中世ヨーロッパ史を神聖ローマ帝国という切り口で記述した本なのですが,とても読みや [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

September 23, 2003 12:02 AMに投稿されたエントリのページです。

ひとつ前の投稿は「英国伝統紅茶カフェ、行ってきました」です。

次の投稿は「東大がiMac1000台を導入へ」です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type