« Young Japanese get more conservative, less entrepreneurial? | メイン | 今日のシャンパン「Rene Jardin」 »

外来語言い換えと、他の漢字圏国との意思疎通

本日の新聞に、外来語を日本語に置き換える「言い換え語」の第二弾の発表が、国立国語研究所・外来語委員会からあった。

違和感がある言葉もあったが、取り組み自体は評価できるものだと思う。

ただ今回、ノーマライゼーションを「等生化」、ボーダーレスを「無境界」とする“造語”が9語あったという。出典があるということであるが、気になるのが「中国など他の漢字圏の国と、意思疎通に使えるのか」ということである。

明治時代には、さまざまな“造語”を中国に輸出したというが、このご時世、せっかくだから国立国語研究所に、ぜひ中国や台湾などと、造語についてコンセンサス(←どう言い換えるのだろうか)をとってほしいと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.syncworld.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1086

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 外来語言い換えと、他の漢字圏国との意思疎通:

» 『博客』+脱線 送信元 s0s_bl0g
中国でもblog本が出たようで。というか中国blog本の紹介(読んでないけど)。で、中国語の話に脱線。 [詳しくはこちら]

コメント (1)

Very nice blog

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

August 7, 2003 10:44 PMに投稿されたエントリのページです。

ひとつ前の投稿は「Young Japanese get more conservative, less entrepreneurial?」です。

次の投稿は「今日のシャンパン「Rene Jardin」」です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type