「細分化された市場を狙え」 - マーケットプレイス・ガイドブック

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

この前ニューヨークで、久しぶりにカカクコムのCTO/COOやOpen Network LabのCEOなどデジタルガレージ・グループの要職を歴任された安田さんにお会いしました。彼はサンフランシスコに来て5年目、私はニューヨークに来て3年目と、お互いに前回に会った時とは住んでいる国が変わっているだけでなく、勤めている会社も当時から変わっていたんですが、お互いに変わらずにテック業界が好きでアメリカに来てしまうというのは、私たちの世代でインターネットに魅せられた人たちの共通項なのかもしれません。

さて、安田さんが最近「A guide to Marketplaces (マーケットプレイス・ガイドブック)」を日本語訳したとのことです。

A Guide to MARKETPLACESの日本語訳

このガイドブックを翻訳してみようかな?と思った理由は、インターネットのマーケットプレイスのことが体系立てて書かれていて、どういった市場を狙うべきか?それはなぜか?マーケットプレイスを立ち上げ育てる方法、どのKPIに固執すべきか等、事例を含めて分かりやすく解説されています。

「マーケットプレイス」は、20年以上前のインターネット・ビジネス黎明期からインターネット上でビジネスをする上で避けては通れない概念でした。マーケットプレイスのビジネス構造を把握しておくことは、自分たちのビジネスの立ち位置を客観的に見るために、今も不可欠でしょう。

実際、シェアリング・エコノミーの代表格であるUberやAirBnBなどは「新しいタイプのマーケットプレイス」の代表格として、本書では「オンデマンド・マーケットプレイス」として紹介されています。

AGuideToMarketplaces_Banner.png

スティーブ・ジョブズ氏が愛したWebObjectsの開発をアップルが正式に終了

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

アップルの共同創業者であるスティーブ・ジョブズ氏が愛した製品の一つ「WebObjects」の開発終了が、アップルによって正式に確認されたようです。Business Insiderが伝えました。

Apple officially killed one of Steve Jobs' favorite projects

WebObjects was ahead of its time, and when Apple bought NeXT, it adopted the framework and even uses it to run parts of the online Apple Store even today.

WebObjectsが発表されたのは1996年3月にサンフランシスコで開催された、MicrosoftのProfessional Developers Conference (PDC)。このときのことは、今でも憶えています。

IoT製品のサポート問題と、サービス設計の多様性

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

最近、日米で「IoT製品のサポート終了」がちょっとした話題のようです(IoT=Internet of Things)。

米国でグーグルのグループ会社である米Nest Labs社が2014年に買収したスマートホームのハブ製品「Revolv」の製品サポートが終了になったという話から始めましょう。

Revolvを開発・販売していた2012年創業の米Revolv社は、コロラド州ボルダーのスタートアップです。ボルダーは日本では、あまり馴染みのない都市かもしれませんが、有名なアクセラレーターTechstarsが始まったITスタートアップの集積地で、Revolv社もTechstars Boulder 2012の卒業生です(当時の社名はMobiplug)。その後、Techstarsの共同創業者の一人、Brad Feld氏が率いる著名VC、Foundry Groupがリード投資家としてRevolv社に関わっていました。

* Revolvのスマートホーム・ハブ。5月15日以降は使えなくなる
revolv

Revolvは当時、盛り上がっていた「スマートホーム・ハブ」製品の一つ。家庭にある複数のIoT製品を集中管理するためのもので、他にもニューヨークのスタートアップ、米Quirky社がハブ製品「Wink」をリリースし注目を浴び、サムスンがシリコンバレーのスタートアップである米SmartThings社を買収したのも2014年でした。

オンライン画像編集ツールPXN8

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

オンライン画像編集ツールPXN8オンラインで画像の編集ができるサービスPXN8。今ごろ知ったのですが、備忘録代わりにブログしておきます。

すでにオンライン上にある画像をURL指定でダウンロードしたり、編集後の画像をFlickrにアップロードしたりできます。

選べる編集効果が少ないのですが、今後増えていくと便利でしょうね。

オンラインで出前

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

今日、会社で出前を取ろうという話になり、同僚に「出前をお願い」と頼んだところ、「出前を頼むのが苦手なんです…」ということで出前を注文しました。

私としては当然のごとく、インターネットで出前する店を探し、オンラインで出前を注文して、同僚に「出前注文完了」と伝えました。すると同僚いわく「電話もせずになんで完了するわけ?」と。そして、インターネット(ウェブ)で全部が完了するし、最近のピザ屋さんにいたっては、オンライン注文するとさらに割引もあるよ、と教えたら、いたく感動されました。

ということで、ブログに書いておいたら、少しはこんな事実も知ってもらえると思って書いています。Googleで注文先を探すには、例えば寿司を頼むなら「寿司 デリバリー」あたりでググってみればいいと思います。

GoogleがGmailを提供へ

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

Gmail by GoogleGoogleが新たに無料メール・サービス「Gmailを提供するそうだ。容量は1GBあり、Adword広告のようなものが、メールごとに入るようだ。

最初はエイプリル・フールのいたずらでは、と言われていたようだが、どうやら本当のサービスらしいのでブログ。

マンションでの光ファイバ敷設

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

数日前に書いた「光ファイバか、はたまたDSLか」へいただいたコメントで、各社はマンション向けに無線で引き込むサービスを提供していることが分かったので、調べた内容をメモ(注:すべて東京地区の場合)。


光ファイバか、はたまたDSLか

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

このblogは自宅サーバーに置いてあるのですが、接続がADSLの1.5Mなので、さすがに増強したいな、と思うことがあります。候補としては、ありきたりですが


  • 光ファイバ

  • 40MとかのADSL


というのが当然のごとくあがっています。ただ、いかんせんマンションの管理組合が現状、光ファイバを認めてくれておらず、かといってより高速なADSLは、電話局からの距離が3km以上離れているために、現実解ではありません。

海外への電話も多いので、ついでにIP電話、というのもあるのですが、現状では引越しぐらいしか解がなさそうです。

どなたか、いい解をご存知ないでしょうか?