ブログ、モティベーション、リワード

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:
今日は休みの日ということもあり、久々に(本当に久々!)に、前職時代から書いているブログに投稿します。

なんで古いブログを使うのかというと、今日書こうと思っているのが、記者やブロガーが情報を提供してもらったときに、どう思うのか、というのを、前職時代に考えたことも含めて書こうと思ったからです。

神田さんのセグウェイ事件、その後

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

赤くない神田さん先日もエントリーしたが、神田さん書類送検の詳細について、神田さんご本人がブログを更新されていました。

KandaNewsNetwork: 帰国したら!書類送検!

イラクから帰国した翌日、警視庁の交通捜査課より連絡があり、昨年の7月に開催した「セグウェイ広告」 http://www.1stsegway.jp/pr0707.phpに関しての事情聴取の報告書ができたので確認をしにいった。

最初はリンクが四つだけだったが、一気に加筆されていて読み応えあり、です。

市民が記者

Asahi.comによると、最近、市民の記事をベースにしたインターネット新聞が出てきたという。

広がる草の根ネット新聞 市民が記者、生活者の視点で  既存メディアとは違った視点でニュースを届けようと、インターネットを使って草の根の日刊新聞をつくる試みが広がっている。モデルは「すべての市民が記者」のスローガンを掲げ、成功した韓国のインターネット新聞。生活者本意で独自に取材した記事を掲げ、大手新聞との差異化を狙う。

確かに重要な取り組みで、こうしたアクションが既存のメディアのだらしなさにインパクトを与えてくれるのだろう。しかし、やはり既存の新聞の枠組みを超えられないな、と思える部分もある。

クリエイティブ・コモンズが動画コンテスト

image
クリエイティブ・コモンズが、動画コンテスト「Moving Image Contest」を実施しています。クリエイティブ・コモンズを普及させるような2分の動画作品を募集しており、優秀作品には賞品としてMac G5などが用意されているようです。

締め切りはまだまだ先で、今年の12月31日。受賞発表は来年2月いっぱい。

Can't take photos in Starbucks? Afraid not.

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:
From Lessig blog dear Starbucks, say it ain't true?

So I have this from an extremely reliable source, who vouches totally for the facts that follow.

Story one: Last month while visiting Charleston, three women went into a Starbucks. They were spending the weekend together and one of them had a disposable camera with her. To commemorate their time with one and other they decided to take round robin pictures while sitting around communing. The manager evidently careened out of control, screaming at them, “Didn't they know it was illegal to take photographs in a Starbucks. She insisted that she had to have the disposable camera because this was an absolute violation of Starbuck's copyright of their entire ‘environment'--that everything in the place is protected and cannot be used with Starbuck's express permission.