パーティション・マジックでVAIO TRが起動できず

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

ガジェット棚卸も無事終わりつつあるのですが、VAIO Type Uへの移行を察知したのか、現行仕様機種のVAIO TR2/Pの調子が悪くなってきました(半分は自分でまいたタネですが)。

まずいつもは、デスクトップ機とVAIO TRは、VAIO Synchronizerというソフトを使ってMy Documentsの同期を取っていました。しかしデスクトップ側は140GBも容量があるのですが、TRの同期側のCドライブは10数GBしかなく、気づいたらTRのCドライブがいっぱいになってしまい、同期できなくなっていました。

ただTRはDドライブの方が大容量に初期設定されているので、パーティションをCドライブを大きめにすれば問題は先送りできるだろうと考えました(同期を取っている関係から、CドライブからDドライブに安直に移せるようなフォルダもなかったので)。

バックアップ→パーティション再設定→リストア、というのは避けたかったので、お金で解決とばかりディスク・パーティションの再設定ツールを買うことにしました。

ちょうどパーティション・マジックがオンラインで買えそうだったので(ノートン・ブランドになっていたのは買収されたのかな?)、7200円払ってオンライン購入。すぐにパーティションの結合(だったかな)で、CとDドライブの結合を指示したのですが、再起動したらエラーが出てまったく起動できなくなってしまいました。

Windowsの回復コンソール、それからパーティション・マジックの緊急ツール(?)などを使ったものの、一向に障害から回復させられない。とにかく、それまでのCドライブが、エラーでアクセスできなくなってしまっている。

そのうち、パーティション・マジックのマニュアルを熟読していくと「起動ドライブにはパーティションの結合をしないで」という内容が…。しかしツール自身は、起動ドライブかどうか分かるので、なんでそのようなコマンドを通してしまうのか…。

しかしFAQにはこう書いてあるから、やっぱりバグなのかな。

http://www.netjapan.co.jp/FAQ/PQ_solutions/101-200/sol170.html#5 Q C:ドライブが一杯になりました。D:ドライブにまだ余裕があるので、D:ドライブを縮小してC:ドライブを拡げたいのですが、PartitionMagicで可能ですか? A もちろん可能です。PartitionMagicはまさにそのような要求に応えるために存在するソフトウェアです。 それぞれのパーティションサイズの変更を、パーティション内のデータを保存したまま、マウスの操作だけで簡単におこなえるのがPartitionMagicの特長です。


さらに悪いことに、VAIOのハードディスク上には、リカバリーエリアがあり、ここから起動すればリカバリーできるのですが、回復コンソールでMBRを書き換えたところ、リカバリーツールの起動途中に「stop: c000021a unknown hard error」なるエラーが出て起動しなくなりました。リカバリーエリアがあるので、リカバリーDVDを焼いておかなかったので、現状は万事休す。

むなしく、stop: c000021a unknown hard errorの問題を解決すべくいろいろ格闘していますが、もうVAIO TRをサポートに送って再インストールしてもらうか、いっそ手放してしまうべきか…。


関 信浩のアップデートをFacebookページで受け取れます!!

トラックバック(3)

記録としてやはりマシントラブルの顛末を記録しようと思います。 学校の勉強で自宅に... 続きを読む

混ぜるな危険 上げるな危険 なぞるな危険 逃げるな危険 最近RAIDに興味津々なんですけど。 同じハードディスクもう一台必要ってので、辛うじて思い... 続きを読む

[製品] → 販売 ネットジャパン → 開発元 Symantec Corp. Norton PartitionMagic [情報] 関心空間 パーティショ... 続きを読む

コメント(4)

takeratta

takerattaです。
TR1/P works TUMI editionですが、
同じ罠にはまったことありました。VAIO Syncronizerとパーティションマジック、まじ侮れません。

幸いデータは、バックアップDVD-Rを焼きだししてあったので、
リカバリーは、何とかクリーンインストールはできたんです。

VCLを頼るのがいいと思います。データはお釈迦かなぁ。

nob seki

データはバックアップしてあるのでいいのですが、マシンが動かせなかったのが難点でした。

さらにGoogleで調べてみると「stop: c000021a unknown hard error」の問題は、パーティション・マジックである設定をしているときに、ブートの最中に発生する状態であるらしきことが判明。


PartitionMagic 実験工房 その14
OSを起動する領域を非表示アクティブにするとどのようになるか

通常PartitionMagicを利用して基本領域をアクティブにした場合には、パーティションが非表示の場合でも表示になりますが、FDISKなどを用いると非表示の領域をアクティブにできる場合があります。ここでは、OSを起動する領域を意図的に非表示にした場合のにどのような動作になったかを記載しています。

ということで、リカバリー領域がアクティブになっているのが、リカバリーが途中でエラーになる原因らしいことが判明。簡単に直せそうなことなのだが、いまどきフロッピーでいろいろなツールが入ったDOS環境を立ち上げるのも面倒そうなので(それに持ってない)、今までのディスク領域を解放し、手持ちのWindows XP Professional(英語版)をインストールすることに。

そしてXPインストール後、VAIO起動時にF10でリカバリー領域のプログラムを立ち上げて、やっとリカバリープログラムを起動。さきほど、無事に工場出荷時状態に戻りました。

しかし、これならパーティション・マジックなど使わず、はじめからパーティションを切り直してリカバリーできる、リカバリー・プログラムを動かしていればよかった。

7200円と2日間のロス。

けいこ

こんにちははじめまして

私も同じよな状況で苦しんでおります。
こちらも参考にどうにか回復させたいと思っております。

*TBが2度飛んでしまいました、一つ削除してください。