« August 2003 | メイン | October 2003 »

September 2003 アーカイブ

September 2, 2003

ドライバーを持っていたら犯罪?

asahi.comによると、ピッキング防止法の初の適用事例が出たようだ。

ピッキング防止法、初適用は群馬 ドライバー所持で逮捕 (09/02 02:45)

(前略)
 橋本容疑者が、盗みに入る目的でドライバーを持っていることを認めたため、正当な理由なくドライバーなどピッキングに使われやすい用具を持つことを禁じた同法違反にあたるとして、現行犯逮捕した。同容疑者は中学校の事件については関係を否定している。

「正当な理由」というのが、どうとでも曲解されそうで、ちょっとした怖さを感じる。「孫の手がないので、背中をかくために持っていた」で通用すれば問題ないのですが…

September 3, 2003

なつかしい…、IBM ChipCard VW-200

chipcard.jpg実家に帰って部屋を整理していたら、こんなものが出てきました。1995年終わりに発売されていたようです。

電池が切れていて(当たり前か)表示できません。PR2330という電池を3本使うようなので、後で買ってきて少し遊んでみようっと。

September 4, 2003

今晩、広尾でblog関連のレクチャー

Link Knowledge! レクチャーシリーズ 第1回

「ウェブログ、モブログ、パーソナル・ウェブサービス」
最近話題のウェブログの今とまだ見ぬ可能性を探る - XML、メタデータ、ナレッジ・シェアリング、ソーシャル・ソフトウェアへの視点

レクチャラー:
・田口和裕 - 翔泳社発行「ウェブログ入門」著者
http://www.rickdom.com/ 他
・平田大治 - インプレス発行「ウェブログ入門」著者
http://uva.jp/dh/mt/

概要: 2002年後半から話題にのぼることが増えた「ウェブログ」は、携帯機器から画像やテキストを送ることでリアルタイムに構成できる「moblog」、音声で記録をつけられる「Audblog」などに、さらに発展しつづけています。一般にはウェブログは個人の日記サイトのように捉えられがちですが、その裏側で動いているのはXML技術を元にしたデータ処理技術です。
このレクチャーは、最近発行されたウェブログ解説書の著者を招いて、「ウェブログ」の今の状況とさらに技術的な視点も含め将来がどのようになっていくのかを探るものです。

開催日: 2003年9月4日、 19:00 開場、 19:20 スタート

場所: SteelCase ワーキングショールーム (地下鉄日比谷線 広尾駅より3分)
東京都港区南麻布5-2-32 第32興和ビル4階
http://www.steelcase.co.jp/jp/

会費: \2500
ドリンク・軽食付き(ワイン、ソフトドリンク、サンドイッチなど)

*会場での著書の販売も予定しています。

対象: weblogに興味のある人すべて。blogユーザー、ウェブ・グラフィックデザイン関係者、プログラマー、メディア関係者、フリーランス事業者、など

急速にTrackbackが増えているところを見ると、bloggerたちがいっぱい来るんですかね。

September 9, 2003

退社!

私事ですが、9月8日付で退社いたしました。
9年5カ月勤めた会社なので、思い出はたくさんありますが、
他の道を進むと決めた以上、過去の思い出に安住せず、楽しく前に
進んで行きたいものです。

本当は次の仕事をカッチリ決めて、有給などを駆使して海外旅行を
しまくろうと思っていたのですが(20カ国目の訪問先として、バルト三国と
東欧があがっていました)、そうは問屋が卸さず、9年目で初めて長い休暇
をとらない年になりそうです。

ということで、とりあえず個人事業主として登録しました。
しかし、さっそく書き間違えをしていることが発覚!
さて、税務署はちゃんと受理してくれるでしょうか…。

September 10, 2003

ソニー新モデル発表

ずっと欠品続きだったTRなどの秋バージョンが、今週金曜からSonyStyle販売開始になるようです。

September 12, 2003

青色申告者(個人事業主)に仲間入り!

今日、自宅に帰ったら税務署から封書が。あけてみると、個人事業の開業届けが受理されていました。これで、無事(?)青色申告をする個人事業主(仕事がなければプータローと一緒)になりました。

で、家で仕事をするのに不可欠と称して、パソコンやらドキュメント・スキャナーやら、必要経費だ必要経費だ、と言っていろいろ買い込みました。その結果、確かに家の一角がオフィスみたいになっています。もっとも、道具があるだけではお金は入ってこないので、とりあえず、なんか原稿でも書いて、家賃の足しにでもしますか。

飲み会がドタキャンでホッ。で晩メシ抜き

10年近く勤めた会社を辞めるということもあり、連日飲み会続き。さすがに、留学前のように「今を逃すと2年会えません」というのとは違って、終わりの日が決まっていませんから、それなりには余裕を持った予定を組めるのですが、それでも気がつくとウィークデイは全部飲み会ということはザラ。

しかも留学直前は、それほど仕事があるわけではないので(中国3週間旅行と引越しの荷造りが二大仕事)、飲み明かしてもそれほど痛くはなかったですが、今は次の仕事に向けて今まで以上に頑張る必要ありで、毎朝がツラいこと。

今朝は朝から英語でカンファレンス・コールがあるということで、ヒヨって昨晩の飲みを早めの7時からにセッティングしてもらったのですが、今朝は朝から憔悴しきった感じ。カンファレンス・コールは2時間に及び、心身ともに疲れ果てました。

それでも3連休が来るので、やっと気楽に飲める金曜の飲みだと思ったら、午後5時にドタキャン。明日土曜も夜が飲みなので、それなりに嬉しかったのですが、晩メシを一人で食べるのが苦手なので、結局晩メシをスキップして、一人スパークリング・ワインを空けています。

911

WTC SiteMTでblogを始めてからほぼ1年。なんとなく過去のEntryの「Draft」を見ていたら、やっぱりありました「9/11」。

続きを読む "911" »

September 13, 2003

DeleGateを導入

先日、遅ればせながらNECの水冷パソコンを購入。やっとHDDレコーダーも使い始めました。普段はテレビをあまり見ないのですが、レコーダーでなるべくいろいろな番組を見るようにしようと思っています。

このパソコンにはドット・ゲートサービスなるソフトが組み込まれており、WWW経由で(家の)パソコンにアクセスできるという寸法。ADSLで固定IPを持たない一般家庭でもルーターの機能を使って、プライベート・アドレスを持つパソコンのWWWサーバー(Apacheが入っている)にアクセスできるように設定してくれる。

もっとも、ウチのルーターはADSLモデム内蔵のものでもないので、自分で設定してやる必要がある。最初はiptablesを設定してやろうと思ってちょっといじったのだが、うまくいかず。

下手にiptablesの設定を改悪すると一大事なので、代わりにDeleGateを導入してことなきを得ました。

続きを読む "DeleGateを導入" »

記者発表にたった7人…。iモードの話

iモード数日前の日経夕刊を読んでいたら、iモードについて書いているコラムが目に入ってきた。ふつうは読まないことが多いが、今回偶然目を通していたら、面白い話が。


日本経済新聞 夕刊 2003年9月11日
コンテンツ革命の旗手たち(9) 携帯電話ネット誕生(4)

(前略)
99年2月に発売するなら、その前に記者発表が要る。逆算すると11月19日がいいという話になり、部長の榎啓一と松永[真理]が記者会見に臨むことにした。ところが取材に現れた記者はわずか7人。質問は「iモード」と「WAP」の比較に集中し、松永らが描く「携帯ネット」については誰も関心を示さなかった。
当然、翌日の新聞報道もベタ記事が多い。「このままではコンテンツ会社に申し訳が立たない」。松永はそう思うと、今度は記者会見でなく「記者説明会」という形で再び記者を集められないかと考えた。だが、それには客寄せが要る。
(後略)

こうして当時、ブレークしていた広末涼子が記者説明会に来ることになり、1999年1月25日の記者説明会には芸能誌を含めて400人以上が集まったらしい。

それも、この記者説明会、確か広末の撮影タイムというか、純粋なiモードの説明以外の時間が確保してあったと思う。知り合いの若手記者も、広末目当てで会見に行っていた(ような気がする)。

最近では、ADSLの発表会とか、芸能人が来るケースが多いみたいだけど、やっぱり当時は「ヒロスエが会見に来る」はインパクトがあったんだろう。

逆に、ヒロスエがいなかったら、iモードはまったく注目されないで終わったのだろうか…。

September 14, 2003

歯車のモチーフ

Amazon Webサービス今日、偶然Amazon.co.jpのトップページを見たら、Amazon Webサービスのロゴ。でも、これってMovable Typeのロゴにそっくりでは?

神輿

なんともいえない天気スタートする神輿恵比寿南で行われているお神輿です。

September 17, 2003

Blog comment spam

最近、blogのコメントとして、スパムのようなものが付くようになりました。ここのblogにこれが付くのは3回目。まあスパムといっても、変な画像が貼り込まれているわけでもないので、暖かく見守っていたのですが、聞くといろいろな場所にコメントしているようです。

Going My Wayのkengoさんからは、このスパムらしきものの情報を以前にIMで教えていただいていました。そのときにはお礼を言えなかったのですが、ありがとうございました。

Weblogを利用したメディア・サイト続々?

WPC EXPO 2003特設BLOGサイト国内にも、weblogを利用したメディア・サイトが広がってきた。CNET Japanが、シリコンバレー在住のコンサルタント・梅田さんblogレッシグのblog翻訳版を掲載していて(一部で)話題になっていたが、気づいたら日経BP社のWPC Arenaにも期間限定のblogが出来ていた。

WPCのBLOGには、"Powered by"は書いてないが、コメントのCGIから見てMovableType。日本では、メディアにもMovableTypeの高機能性と柔軟性が受けていると見てもいいのかな。

電子メディアの多くはなんらかの形のCMS(コンテンツ管理システム)を使って、ニュース配信の原稿を管理していると思う。そういう既存システムがあるところでも、新機能がどんどん追加されるblogの世界に身を置くには、大きな投資をした既存のCMSではなく、柔軟なblog系CMSを使っていくのだろうか(少なくても、そのトライアルというところか)。

September 18, 2003

Cow Parade in Marunouchi

Cow Parade現在、丸ビル1周年を記念して、牛にペインティングするCow Paradeが行われています。丸の内周辺に散在する64体のペインティングされた牛…。やはりMoblogにしないわけにはいかない、というわけで、期間限定のmoblogサイトを立ち上げてみました。

みなさま、ぜひ楽しい牛の写真を撮って、moblogしてください。GPS情報を付加していただければ、牛が位置する場所もわかりますので、是非是非。

自分の考えを伝えるためのblog

今日、あるベンチャー経営者の方と話しました。彼いわく「blogを始めたんだけど、オープンにしたい情報とインターナル限にしたい情報というのがあって、これを区別するのが面倒で続かない」とのこと。その方には、たとえばMovableTypeでも、WWWサーバーのパスワード機能を使えば、少なくても二つのblogにポストを振り分ける作業が生じるが、それもMT It!機能を使えば、それほど大変でないということを説明しました。

私自身は、複数のblogを持っていて、そのうちのいくつかは、パスワード認証をかけている。blogの使い方として、複数のblogを持ってポストしわけるのは、必ずしもblogらしいとは言えないのかもしれないが、それでも次のような使い方はできるかな、と思う。


続きを読む "自分の考えを伝えるためのblog" »

September 21, 2003

バリアフリー?

030921_1703~001.jpg
伊勢丹のトイレは階段の踊り場にある。当然、車イスでのアクセスは困難だ。しかし、トイレ内には、車イスでも用が足せるバーが設置済み。もちろん杖をついているような人にも恩恵はあるんだろうけど、、、

ショッキングな出来事

米国留学時代に、交換留学(のようなもの)でロンドンに3カ月ほど滞在した。そのときにロンドンにいた友人が、先月フランスで友人の結婚式に出ようとして交通事故で亡くなったと聞いた。

それも、今日、本当に偶然にその友人の前の会社の同僚の人と飲んでいて、偶然彼女の話になって、その同僚の人は僕がその友人と接点があったとは知らなかったので、そのときに初めて情報を教えてくれて、そして家に帰ってみたら違うルートの友人からメールが入っていた。

偶然その同僚の人と飲むことになったのも、昨晩からかなり偶然が重なったのですが、さらに日にちの偶然とかもあって、そして友人の亡くなり方もショッキングで、なんとも言えない気分で家に帰って、blogしている感じです。

本当は今日は帰ってから、いろいろとblogしたい内容が多かったのですが、ちょっとそこまで到達しない感じになってます。

続きを読む "ショッキングな出来事" »

September 22, 2003

ヤクザにおどされ、敵対買収で株を失う

BlogSharesもう何カ月も触っていなかったBlogShares。最初は面白がってやっていたが、そのうちサーバーの低レスポンスや、ゲーム・システム上のつまらない点などが目に付き始めて、そのままになってしまっていたのだ。

そんな中、昨晩、2通のメールがBlogSharesから届いていた。

続きを読む "ヤクザにおどされ、敵対買収で株を失う" »

ついに目の運動器具Dr.REXを購入

DrRex.jpg今年3月に「Eye-vit」という、アイ・ストレッチ器具についてblogしました。そのときには購入にいたらなかったのですが、その後開発者の一人という方の書き込みなどから購入意欲が再燃。Eye-Vitのバージョン・アップ製品である「Dr.REX」を購入しました。

■■■ 眼の悩みを解決するには「スポーツビジョン」に全ての答えがあった!!■■■

スポーツマンは「眼が命」です。

「眼」は武器にもなるし、ハンディにもなるので大切にしてほしい・・・・・

一流のスポーツ選手は優れた「眼」を持っているといわれております。スポーツをする時、日常生活よりはるかに早い判断と動作が求められ、実際動作するには、様々な情報をもとに脳が身体に指令を出しているのです。情報の80%以上が眼から入る「視覚情報」になります。スポーツ選手に求められる「眼の能力」は「スポーツビジョン」と呼ばれております。

「スポーツビジョン」トレーニングを科学的に研究し、実証しているアイパワースポーツが、その特殊技術「Power3D」を用いて一般の人達が使いやすいように開発した商品、それが「Dr.REX」なのです。

あなたも一度試したら、今までにない効果と体験に驚きを隠せないでしょう!!

1週間強ほど使ってみての感想などを書いてみたいと思います。

続きを読む "ついに目の運動器具Dr.REXを購入" »

英国伝統紅茶カフェ、行ってきました

あいにくの雨模様でしたが…創庵プロデュースのカフェ・茶香間で開催されたレンタルカフェ第4弾「幻の英国伝統紅茶とスィーツカフェ」に行ってきました。

英国伝統紅茶博物館の元館長・満谷さんのいれてくださったシナモン・ティー、ローズ・ティー、ミルク・ティーはどれも絶品で、特にローズ・ティーの舌を包み込むようなマイルドな味は、ちょっと忘れられません。満谷さんは「英国でミルク・ティーを飲むようになったのは1880年以降」など、さまざまな紅茶の豆知識を教えてくださるだけでなく、農薬がいかに味を変えてしまうかなど、次から紅茶を飲むときに考えさせられてしまうような話もいっぱいしていただきました。

続きを読む "英国伝統紅茶カフェ、行ってきました" »

September 23, 2003

最近読んだ本「神聖ローマ帝国」

久々に本の感想なんかを載せてみたいと思います。

神聖ローマ帝国」(講談社現代新書)は、先週偶然、渋谷駅のranKing ranQueenで、書籍の3位だったので発見しました。もともと世界史好きで「工学部世界史専攻」と言ってはばからなかった私には、値段も手ごろで面白そうな本だな、と思いましたが、冷静に考えて、「こんな内容の本が3位なんだ」と素直に驚いたものです。

内容は、そのものズバリ、神聖ローマ帝国の歴史です。読んで今まで持っていた疑問、「神聖ローマ帝国っていつの間にできたんだ?」が、それなりにスッキリしました。

思えば高校の世界史の教科書でも、西ローマ帝国の滅亡後、カール大帝によるフランク王国が西ローマ帝国として教皇に認められた、という辺りまでは載っていたのですが、その後気がつくと神聖ローマ帝国の皇帝としてハプスブルク家が出てきていました。「神聖ローマ帝国の成立」なんて章はなくて、突然出てきたと思うと、スペイン継承戦争やら何やらをおっぱじめるという…。

この本を読めば、こんな疑問だけでなく、「〜選帝侯」とかいう諸侯が、やはり突然歴史に登場した理由も分かるでしょう。

September 25, 2003

東大がiMac1000台を導入へ

iMac東大が共用パソコンをLinux機からiMacへ切り替えるそうです。

Asahi.com 東大の共用PC、マックに切り替え 来年3月から  東京大学が、大学院と学部の全学生約3万人や教職員が学内で使う共用パソコンで、アップルコンピュータのデスクトップ型「iMac(アイマック)」を来年3月から導入する。現在の共用機は、無償で公開されている基本ソフト(OS)「リナックス」をベースにした簡易パソコンだが、5年の更新期を迎えるのを機にマックに切り替える。現在は原理的にはOS最大手のウィンドウズも使えるが、来年3月以降は、一部の高機能パソコンを除き共用パソコンの大半でウィンドウズが使えなくなる。

理由は「ウィンドウズに比べて様々なソフトの導入がしやすく、不具合が起きても自分で直しやすい利点がある」(東大)ということだそうだ。この理由そのものは、素直に受け取りにくいものもあるが、やっぱり教育に強いアップルの面目躍如というところか。

そういえば当時、ドメイン取るのは無料でした

昔のメールを漁っていたら、こんなのが出てきました。

続きを読む "そういえば当時、ドメイン取るのは無料でした" »

September 26, 2003

国内産スパークリングワイン「Kizan Traditional Brut」から、Entrepreneurshipを思う(かなりこじつけ)

機山ワインの雄姿山梨県で作られている、本格的スパークリングワイン(いわゆる“シャンパン製法”と言われる瓶内二次発酵ワイン)の機山トラディショナル・ブリュを飲みました。かなり忠実にシャンパンの製法を再現してつくっていると聞き、期待して飲んでみました。

飲み口ドライで、最初のインパクトは悪くなかったのですが、炭酸がかなり弱め。そして残念なことに、味に複雑さがあまりありませんでした。ドライなシャンパンは、その炭酸の陰に、複雑ななんとも言えない味わいとノドごしがあるからこそ、おいしいと思うのですが、この機山Brutは、ちょっと辛口白ワインがストレートに来すぎているような感じ。でも、このワインをくれた人いわく、「非常に熱心にシャンパン作りに取り組んでいる」そうですので、これからもっとおいしくなることに期待しています。

しかし、これを飲みながら思ったのは、やはり伝統というものは、ムダに積み重なっているわけではないのだな、ということです。

続きを読む "国内産スパークリングワイン「Kizan Traditional Brut」から、Entrepreneurshipを思う(かなりこじつけ)" »

Julius Caesarがガリアからblog

Bloggus Caesari

ジュリアス・シーザーがガリアから最新の情報をBloggus Caesariblogしています。

September 03, 2003

Across Gaul the embers of rebellion are finally going out. Peace and prosperity will soon flourish in their place, even as Rome's great Republic withers. Responsible men will now look to the workings of the Republic, to cure the ills no matter how harsh the medicine. We must not shy away from extreme measures - Rome must be purified of all poisons. If the heart fails, there's no reason to try and fix the hand. Just so, if Rome fails, why worry about the provinces?

The remaining skirmishes and battles in Gaul will not be blogged live. This site will take a break from updates until the first day of Octobris, your time, at which point I'll bring you up to speed. Curate ut valeatis.


Posted by Julius Caesar at 11:01 AM

内容の解説は、塩野七生著の「ローマ人の物語(4)ユリウス・カエサル」(まだ文庫が出ていませんね)がオススメですね。もちろん、「ガリア戦記」はオリジナルなので必読です。

米レコード協会が無実の女性を訴える

joi.ito.com経由で、Seth Godinblogした、米レコード協会が無実の少女女性を訴え、その後訴訟を取り下げたものの謝罪もしていない、という話を発見しました。

Liars, cheats and fools


So, an astonishing (but not that surprising) string of news this week.

The record industry sued a "little old lady" named Sarah Ward. She's not that old, but she's little and she's not a pirate. She's never even downloaded the software you need to download the music. The RIAA has dropped the suit, but Amy Weiss, their spokesman, says, "We have chosen to give her the benefit of the doubt and are continuing to look into the facts... This is the only case of its kind."

Now, regardless of how you feel about litigation as a business strategy, refusing to apologize is just a bad idea. This is clearly NOT the only case of its kind. Instead of stonewalling, why doesn't the RIAA say, "This is terrific! She's an honest citizen and we're proud of her. We made a mistake and we apologize. We're sending Ms. Ward a hundred CDs to apologize for bothering her. If there are any other cases like this one, we'll drop them immediately."

疑わしきは罰するのが原則なんですかね。

(追記)少女ではなく女性でした。On Lisa Rein's Radarにて確認。

慶應SFCがblogを使った授業を開講

慶應大学SFC(湘南藤沢キャンパス)では、今年の秋学期からblogに関連する授業が開講されるようです。

triggers blog workshop

2003年秋学期にSFCでblogに関連する授業が開講されます。また、blogへの注目も高まってきており、blogをはじめてみたい、というニーズが出始めました。Triggers!ではSFCの学生向けに、blogのワークショップを2日間開催します。

授業は二つあるようです。


  • 情報通信文化論(小檜山先生)

  • ネットワークコミュニティ(小林先生)


September 27, 2003

東京・恵比寿(2003年9月)

Ebisu, Tokyo, September 2003

September 29, 2003

スパム・コメントを撃退する

最近、スパムコメントが激増しています。とりあえずはデータ収集と思ってIP Banningなどもせずに放置しておいたのですが、そろそろ手を打つことにしました。

先週、Jay Allen :: The Daily Journalに掲載されたKilling Comment Spam Deadおよび、それをまとめたKilling Comment Spam for Dummiesに沿って、スパムコメント対策をしてみました。

以下は基本的に上記二つの内容を抜粋して日本語にしたものです。Good job, Jay!

続きを読む "スパム・コメントを撃退する" »

September 30, 2003

ガス漏れでガスを止められる

今朝、東京ガスの定期検査でガス漏れが見つかった。検査そのものは事前に全然告知されていなかったので、朝出勤前に突然ガス会社の人が来たときには、かなりアヤシイと思ったが、どうも本物。

そして、朝からガス漏れ個所を探し始める。とにかく「ガス漏れが直るまでガスは供給できない。ガス漏れ個所を探すためには、家の中にも入らないといけない」という条件だったので、出勤を断念し自宅勤務に切り替える。

その後、夕方まで断続的にガス会社の人(最大4人)がガス漏れ個所を探すが見つからず、最後にファイバーをガス管に通して、どうも漏れ個所の疑いがある場所を発見したのが午後5時。

どうも、今日は直せないとのことで、どこか1日がかりでやらないといけないという。直るまでガスが出ないので、風呂にも入れず料理もできない。しかし、工事では家に出入りするので、家にいないといけない。なんとか都合をつけて、木曜に在宅して工事をお願いすることにするが、今度は不動産会社(賃貸なので。オーナーの代理)、ビル管理会社、そしてガス会社との間で調整。

そんなこんなで気づいたら午後6時。在宅勤務に切り替えたと言っても、工事で四六時中質問されたりするので、仕事はほとんど進んでいない。

さらに最低でも木曜日がつぶれ、それでも直らなかったら週末が丸つぶれ。
頭イタイ…

Office 2003 スマートアップグレード、期待して買ったものの…

Microsoft Office 2003 Editions スマートアップグレード キャンペーン8月末にOffice XPを買った。新しいパソコンを買ったためだ。新しいOfficeが出ることは知っていたが、4000円で新しいバージョンに移行できるアップグレード・キャンペーンをやっていたので、とりあえず購入。

どうもオンラインで申し込む必要があるようで、所定のMicrosoft Office 2003 Editions スマートアップグレード キャンペーンのサイトにすぐ行ってみたのだが(確か8月末)、申し込みサイトが何度トライしても落ちていたために、その場では断念してしばらく放置してあった。

そろそろ発売日も近づいたので、そろそろ申し込もうと思って、再びサイトに訪れる。今度は、申し込みサイトも動いている。さて、申し込みをしようかと思っていると、「シールID」なるもの入力を指示される。どうも、パッケージのシュリンクラップの外側についていたシールの裏側に、IDが印字されていたようだ。

買ってから1カ月もたっていて、シュリンクラップなんかが残っているわけもない。明日にでもキャンペーンの案内に電話してみようと思うが、どうせけんもほろろに断られるのだろうか(というか、そもそも電話がつながらないような気がするが)。

About September 2003

September 2003にブログ「Sync A World You Want To Explore」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブはAugust 2003です。

次のアーカイブはOctober 2003です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type