Category TrackBackのススメ

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

カテゴリーの編集最近TrackBackについての話題が多いようです。トリガーは本家MTのA Beginner's Guide to TrackBackでしょうか。で、私も改めてこのガイドを読んでみたところ、カテゴリーごとに自動トラックバック先を決められる機能があり、コンテンツ集約(Content Aggregation)に使えるよ、と書いてありました。

今までコンテンツの集約には、mt-rssfeedsを使うとか、どうしても大掛かりになるので、軽い気持ちで始められずにいました(始めたらXMLと漢字コードの隘路に入り込みました)。しかし、この機能を使えば、他のブロッガーに「こんなカテゴリーのコンテンツがあったら、うちのこのカテゴリーにトラックバックしてね」と言うことで、簡単に始められそうです。

そこで、自分のカテゴリー・アーカイブの画面を変更し、この機能が有用かどうか試してみることにしました。みなさんもこのテストにご協力いただければと思います。

なおMTでの設定について以下に簡単に説明します。

TrackBackの設定まずMTの管理画面で「Categoryの編集(Edit Category)」を選択します。すると、上のような画面が出てきますので、自動TrackBackを指定したいカテゴリーの「Categoryの設定を編集する」のリンクをたどります。

すると、2つ目のような画面が出てきますので、「Pingを発信するTrackBack URL」(一つ目の赤枠)に、相手先のURLを入力します(このURL、実はあまり公開されていないようです。私のカテゴリー別TrackBack URLはアーカイブ・リストに書いてあります。例えばGadgetsならhttp://www.syncworld.net/mt/mt-tb.cgi/322を使ってください)。

これで保存(SAVE)をして、MTを再構成(REBUILD)すれば設定は終了です。なお、自分のカテゴリーでTrackBackを受け付ける設定にするには、2つ目の画面の一番下にある「TrackBackのPingを受け付ける」をOn(オン)にし、「BLOGの設定(BLOG Configuration)」のアーカイブの設定で、「カテゴリーアーカイブを作成する」設定がOn(オン)になっていることを確認してください。


関 信浩のアップデートをFacebookページで受け取れます!!

コメント(2)

yoko

TBありがとうございます。
設定画面の日本語バージョンは、
初めて見ました。
新鮮な感じです。

って、エントリーの内容にちっともコメントしてない・・・。

nob seki

お越しいただきありがとうございます。

せっかくですので、カテゴリーのトラックバック、試してみて下さいよ。