« August 2002 | メイン | October 2002 »

September 2002 アーカイブ

September 15, 2002

「なぜ?」「どうして?」と言えますか?

小さいころ、ぼくは「どうして?」を連発するコドモでした。

続きを読む "「なぜ?」「どうして?」と言えますか?" »

September 16, 2002

紙とペンで始める「三次元思考」

昔に比べて、紙とペンで物事を考えることが多くなった。

いや、正確には、PCが清書用のワープロになってきた気がする。自分が新人のとき、「ワープロで書くより、手書きの方が早く原稿があがる」と言っていた先輩を笑っていたことを思い出す。

キーボード・アレルギーとは違う、何かが起きたのだろうか。

続きを読む "紙とペンで始める「三次元思考」" »

September 17, 2002

エンカレッジする米国、ディスカレッジする日本

日本に帰ってきたら、急にビジネスプランを他人に説明するのが恥ずかしくなりました。去年、アメリカに住んでいるときは、一時帰国して日本人相手に説明するのでも、そんな気持ちはなかったのに。

なんでだろうと考えてみると、日米の独創的なアイデアに対する認識に違いがあるからではないか、と思い始めました。

続きを読む "エンカレッジする米国、ディスカレッジする日本" »

September 19, 2002

作る人、守る人、壊す人

去年の春、マッキンゼーのあるパートナーと話しているときに、彼が言った「作る人、守る人、壊す人」というフレーズが、頭から離れません。

今の日本、特にベンチャーを取り巻く環境を考えると、「壊す人」が欠けていると思えてなりません。でも世の中は、しきりに「作る人」ばかり求めて、「作る人 vs 守る人」の構図。きっと作る人は、必ずしも壊すのが得意な人じゃないと思うのです。

小泉首相が「壊す人」として期待されて登場したように、ビジネスの世界でも、もっと壊す人をプロモートしなくちゃ、と思います。壊すのが得意な人、今こそ旗揚げしてください!

Trips in the world

スペインへの出張が決まった。ヨーロッパへの訪問は、イタリア、フランス、イギリス、スイス、ドイツに次いで、6カ国目。全体で、18カ国目になる。

そして、今年乗った飛行機の数は、30を超えてしまった。

続きを読む "Trips in the world" »

September 26, 2002

先即制人またはFirst mover advantage

コドモのころ、ボクが最も好きだった言葉。それが項羽の「先即制人、後則為人所制」(先んずれば即ち人を制し、後るれば則ち人の制する所と為る)でした(その前は「早いのが取り柄、岡本信人さん」でした。若い人はしらんだろうが)。

そしてアメリカでEntrepreneurshipをやっていて出てきた言葉「First mover advantage」。この言葉を聞いたとき、すぐに虜になりました。

続きを読む "先即制人またはFirst mover advantage" »

September 27, 2002

技術と能力、どちらを評価するか

日本人には英語コンプレックスがあるようだ。書店に行けば、「誰でも英語がうまくなる」といった類の本が並んでいるし、ベストセラーに英語を学ぶための本が入ることも、決して珍しくない。だから、英語がデキルやつ、というのは、それなりにホメ文句なのである。

しかし、英語なんて、たかが技術である。英語ができたら優秀というなら、英語ネイティブのやつは全員、非ネイティブより優秀ということになる。そりゃおかしくないか?

続きを読む "技術と能力、どちらを評価するか" »

September 28, 2002

携帯が変えるコミュニケーション

あなたは読書派? それとも携帯派?
電車の中でのお話です。

続きを読む "携帯が変えるコミュニケーション" »

September 29, 2002

「なぜ」と言われて不快になるとき、ならないとき

Blog最初のエントリーである「なぜ?」「どうして?」と言えますか?が、見事に一つのレスポンスも得られなかったので、切り口を変えて再挑戦!

続きを読む "「なぜ」と言われて不快になるとき、ならないとき" »

大きな夢も一歩から(「気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ」を読んで)

気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ(草思社)」を読んだ。整理術の本かと思ったら、スケジュール管理指南本だった。「ふーん、まぁこうやればうまくいくんだろうねー」と思いながら読み進むと、かなり後半(183ページ!)に、結構感動するフレーズに出会った。

それは、「ハートマークのついた行をつくる」である。スケジュールの中に、自分の将来の目標を達成するためのものを組み込み、それをハートマークをつけて、必ず毎日入れて実行しろ、というものだ。例えばチェロ奏者になりたいのであれば、今日は「チェロを戸棚から出す」、明日は「楽譜を探す」、明後日は「弓の手入れをする」などなど。

要は、その日のうちに済ませることができるような小さなことを、必ず毎日の予定に入れて確実に遂行する。「多忙を極めるビジネス環境の中で日々の業務を効率的にこなし、将来の夢を実現しよう」―。この書の隠されたメッセージを垣間見たような気がする。

「夢は本人の意志と実践なくしては実現しない」―。この当たり前のことを、いま、ボクたちは、本当に理解しているだろうか。

続きを読む "大きな夢も一歩から(「気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ」を読んで)" »

About September 2002

September 2002にブログ「Sync A World You Want To Explore」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブはAugust 2002です。

次のアーカイブはOctober 2002です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type