技術と能力、どちらを評価するか

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

日本人には英語コンプレックスがあるようだ。書店に行けば、「誰でも英語がうまくなる」といった類の本が並んでいるし、ベストセラーに英語を学ぶための本が入ることも、決して珍しくない。だから、英語がデキルやつ、というのは、それなりにホメ文句なのである。

しかし、英語なんて、たかが技術である。英語ができたら優秀というなら、英語ネイティブのやつは全員、非ネイティブより優秀ということになる。そりゃおかしくないか?

留学前に、アメリカで語学のプレスクールに通っていたとき、同級生が「いくら英語ができるようになっても、日本語で考えていること以上の能力は発揮できない。英語をやればやるほど、『日本語でちゃんと考えられるようにならないといけない』と感じた」とコメントしていたが、まったくその通りじゃないだろうか。

しかし、実際の現場ではどうだろうか。本当の能力を見極めず、「アイツは英語が強いから、海外担当」なんて決まったりしてたりしないだろうか。これでは、例えば最先端の金融ノウハウを身に付けるために、英語が苦手にもかかわらず留学して、それでいて「留学→英語が話せる→海外担当」みたいになったら、そりゃその人はクサるだろう。会社をやめたくなるだろう。

確かに技術は能力を助ける上で大きな役割を占める。いくらいいアイデアを持っていても、他人に伝える技術を持たなければ、それは他人にとって意味がない。

しかし、今、必要なのは、技術ではなく、能力を見い出し、それを育てていくことではないだろうか。


関 信浩のアップデートをFacebookページで受け取れます!!

コメント(1)

yuki

私はずっと国内育ちなので、英語は受験英語程度(すなわち読み書きOK、しゃべりNG)です。
前、友人に言われました。
「なべゆきはさー、日本語流暢過ぎて英語しゃべれないんだよー。」
どんなに英語をしゃべっても日本語ほどしゃべれない自分にいらいらする、そんなメンタリティです。

技術は能力より分かりやすいんだと思うんです。
だから目立ちやすいし、周りも納得しやすい。
分かりにくいものより分かりやすいものに飛びつく日本人。鴻上尚史がそんなことをエッセイに書いていたっけ。