紙とペンで始める「三次元思考」

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリー:

昔に比べて、紙とペンで物事を考えることが多くなった。

いや、正確には、PCが清書用のワープロになってきた気がする。自分が新人のとき、「ワープロで書くより、手書きの方が早く原稿があがる」と言っていた先輩を笑っていたことを思い出す。

キーボード・アレルギーとは違う、何かが起きたのだろうか。

今では、文章を書くときには、まずプレゼンテーション・スライドさながらに、複数の下書きを作り、各ページに項目を個条書きすることがほとんどだ。文章そのものさえ、まず紙に手書きで書いて、最後にワープロで清書、というパターンが多くなってきた。

学生時代から、かれこれ15年もPCを使ってきた。これほど紙とペンに頼るようになったのは、一生でも初めてだろう。

もともと、思いついたことをメモする、というクセはあった。ただメモは紙とは限らなかった。大学時代など、クルマの中に小型レコーダーを積んで、何か思いついたら録音する、なんてことはしていた。

でも、いつから、これだけ紙に依存するようになったのだろう。

思い返してみると、アメリカに留学する前ごろ、つまり仕事を始めて4〜5年ほど経ったころには、もうその傾向はあったように思う。しかし、決定的に依存するようになったのは、アメリカに留学しているときだと思う。新しく学ぶ、さまざまな事象を、今までの仕事の枠にとらわれずに結びつける。そんなことをしようと思ったら、上から下に流れる従来の二次元思考が、うまく働かなくなったのかもしれない。文章という二次元思考から解き放たれ、図による三次元思考へと飛躍するには、キーボード主体の今のPCでは、まだ力不足なのだろうか。

もう一つ、これは別のテーマとして掘り下げようと思っていることだが、脳は刺激があればあるほど、働きが良くなるそうだ。特に手や口は、脳の多くの部位と密接につながっている。紙の上でペンを走らせることは、手を通じて脳を刺激することにつながっている。脳の働きが衰え始めたいま、それを補うために、無意識のうちにカラダが紙とペンを選んだのかもしれない。


関 信浩のアップデートをFacebookページで受け取れます!!

コメント(1)

yuki

コメント第一号、頂きました。(笑)

私もやはり真剣に考えるときは升目の入ったノート(よくチャートとか書くのに使用するproject paper)に、よく書けるボールペンを使います。

直筆はもうそれだけで暗号がかかっていると自慢できるぐらいのものですので、清書としてPCを使っています。
最近はblogがアイデアノート化していますが、ドキュメントファイルと違って、私の頭の中が外部に出た感があります。