« 契約書は重要なんだけど… | メイン | 市民が記者 »

戦術と指揮


戦術と指揮―命令の与え方・集団の動かし方 バトル・シミュレーション
ふと書棚を見ていたら、2年前に買った本が出てきた。今はなき赤坂通りの本屋で買ったもの。この「戦術と指揮」という本、実は1995年刊行の本。内容は文字通りタイトル通り、軍隊の戦術について語った本。著者の松村劭氏は、元自衛隊陸将補で、本書の内容は主にケース(中川盆地における戦闘、Q島における作戦活動)を用いて、戦場における戦術と指揮について語っている。

当時、どうしてこのような本を購入したのか。それは、直前に受けていたEntrepreneurshipの授業の中で、John Nesheim氏が「ベンチャーが生き残っていくには、まず巨大な敵と戦うための戦略が不可欠」と、実際の戦争になぞらえて語っていたことが、頭にこびりついていたからに違いない。

しかし本書では、「戦略は戦争の勝利のために一連の戦闘を効率的にアレンジするが、戦闘に敗北すればどんなにすぐれた戦略も、元も子もなくなる。戦闘に勝利する術は「戦術」なのだ」(本書はじめにより)として、戦術に重きを置いて解説しているのである。

確かに、マクロ的に「将来的にこの分野は伸びそうだ」として、戦略的に投資をしても、そこにはいずれ競争相手がひしめき合う。その中で、競争相手を打ちのめして生き残るには、優れた戦術(と運)が不可欠。そうした意味では、一度張る場所を決めたベンチャーにとって、生死を分けるのは戦術なのかもしれない。そんなことを思って、本書を手に取った(ような気がする。実際には、この分野のふつうのビジネス書には辟易&飽き飽きしていた)。

しかし冒頭から、かなり含蓄がある「戦いの原則」の紹介がある。


  • 目標の原則
  • 統一の原則
  • 主導の原則
  • 集中の原則
  • 奇襲の原則
  • 機動の原則
  • 経済の原則
  • 簡明の原則
  • 警戒の原則

詳細については本書を参照して欲しいが、とにかくこの紹介を書きながら、改めて読め始めたくなる(そして読め始めてしまった)ような本である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.syncworld.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1505

コメント (1)

I count the falling tears
They fall before my eyes
Seems like a thousand years
Since we broke the ties
I call you on the phone
But never get a rise
So sit there all alone
It's time you realize ...
Secret Corner

Feet Sexy Feet, Foot Sex Fetish Bondage, Fisting Gay Studs, Twinks, Hairy Hardcore Straight, Threesomes, Orgies India Teens, Models, SexInterracial Blacks On Blondes, etc Latina Brazilian, Carribian, Mexican Lesbian Kissing, Pussy Licking, Dildos Mature 30+, 40+, 50+, 60+Models Porn Stars, Hot Babes Oral CumShots, BlowJobs Shemales Babes with Dicks, Transsexuals Softcore Strippers, Naked, ButtsTeen 18+, Schoolgirls, Coeds Tits Big Tits, Tiny Tits Voyeur Upskirts, Spy Cams Watersports Pissing, Wet Panties

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

October 14, 2003 12:00 AMに投稿されたエントリのページです。

ひとつ前の投稿は「契約書は重要なんだけど…」です。

次の投稿は「市民が記者」です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type