« GQ Japanリニューアル新創刊 | メイン | 気づいたこと(備忘録) »

Moet et Chandonの謎

一見、いつものMoetですが…先日、近くの酒屋でMoet et Chandonをいつもより1割ぐらい安く売っていたので、4本ほどまとめ買いして、早速栓を抜いてみたところ、ちょっと違和感を感じました。

いつものように、スカっと抜けない。何度も何度もヒネりを加えないと抜けない。

そこで、いつものMoetの栓を取り出してみたところ、衝撃の事実が判明しました。

太さが全然違う!
今回の栓の形が、いつものやつと違うのです。いつもは十分太いので、抜き始めると簡単に抜けてくれますが、今回のものは細めなので、何度もねじらないと抜けてくれません。

あんまりねじっていると、「コルクがもげて、シャンパンの中に落ちちゃうのでは」と不安にさえなります。

このラベルもあんまり見ないな…よくよく見ると、栓のシールもいつものとちょっと違う。
そういえば、ちょっと前に、最近Moetと同系列のシャンパン会社に就職した知人が「同じシャンパンでも、南米とかから回ってきたやつとかは安いけど、温度管理とかしっかりしていないから味が違うよ」と言っていたのを思い出しました。

もしかしたら、今回のロットは、そんなやつなのかも。詳しい人、このラベルからご判断して、謎を解明してください。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.syncworld.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/476

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

April 29, 2003 2:33 PMに投稿されたエントリのページです。

ひとつ前の投稿は「GQ Japanリニューアル新創刊」です。

次の投稿は「気づいたこと(備忘録)」です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type