2003年07月31日

つながり感・・

つながり感をひょんなことで感じることがある。怪しい?話、エネルギーレベルというのは大切で
今まで感じなかった人に急に感じたりする。今回は2パターン感じた。

ひとつは会うたびに増していくつながり感。これは会うたびに慣れるとか信頼するとかでは無く
やっぱりつながっている感じ。お互いに会うたび、前回よりも成長しているので、刺激的なんだろうと思う。

それとは全く別で、会った瞬間の確認作業的なつながり感もある。今までもつながっていたし
これからも・・そして、会っているときは別に直接話をしていなくても、その存在がつながっている
という感覚です。これは不思議な感覚で感覚が無いのですがそれが気持ちいい。

そんな相手を探すのは難しいけれど、何人もいる事に感謝しないと・・。。

Posted by genius_sakurai at 01:05 | TrackBack

2003年07月30日

深い気づきPart.1

以前、アクセルを踏み続けるという事を書きましたが
今回は色々な人に久しぶりにお会いし、そのスピード差というのを改めて体感しました。

自分自身が今までのてきとーな速度で走っていると気づかなかった事が、150%でアクセルを
踏んでいるとはっきりとその差がわかるものです。同じく150%以上のスピードで進んでいる人・・。
これは、共感できるし楽しめる。もう少し遅いんだけどそのスピードを『すっご〜怖くないの?』
と言いつつも見ていて楽しんでいる人、横目で見ながらそのスピードを出そうかどうしようか?と
迷いをたくさんもっていて、自分のスピードでとりあえず進んでいる人、そして止まっている人。

ある人が言っていました。時間は同じく常に流れていて普通に歩いて、ようやく現状維持なんだ。
がんばっている人は時間よりも早く進んでいるので成長する。そして、立ち止まっている人は
時間が流れている分だけ、実は後退している。今回はそれをはっきりと体感しました。
個人の生き方なので、良いとか悪いとかでは無く、私にとっては進むことをやめた瞬間に
その人の魅力は確実になくなります。そして、そんな人に限って進んでいる人の足を止めようとするようです。
私は何があっても足を止めることはしないと、アクセルを踏み続けると決めたので
自分らしくあるために、これからもアクセルを踏み続けます。例え止まっている人が私から遠く離れても
それはそれ・・。そんな事より、前を向いて今から起こることや、これから出会うであろう
チャンスのために、アクセルを踏み続けますよ!

Posted by genius_sakurai at 00:31 | TrackBack

2003年07月28日

宣言!講師廃業!

えっ!?
そうです。講師(インストラクター、トレーナー)廃業します。これは大袈裟かな?
でも、気持ち的にはそれ位の覚悟ということです。コーチに職業変えです。もちろん
今までのクライアントの方などにご迷惑をかける気もなく、引き続き研修という仕事は続けますし
今後も今まで通りに仕事としてお受けします。ワンズ・センスというオフィスでも研修業が主ですし
パートナーの笛吹(ウスイ)もバリバリの講師です。

ただ、私の気持ちの中で、大きくシフトしたということです。今までは講師としてコーチングを
していたのですが、これからはコーチとして研修をするということです。もう少しわかり易く言うと
今までは80%講師+20%コーチだったのが、これからは100%コーチ+必要なだけの%講師ということです。
但し、研修のクオリティは今まで以上にあがることは必須です。
さぁ、どんどんいきますよ!

Posted by genius_sakurai at 21:57 | Comments (3) | TrackBack

2003年07月27日

今週のメニュー

先週一週間は東京に滞在していました。
もともと好きな街なので、いつも帰ってくると色々な事を持って帰るのですが
今回は今までの中で最も学びと気づきが多い滞在でした。
今週は東京滞在での気づき、学び、変化・・。なんかについて書きます。
一週間分はネタがありますね。

まずは宣言から・・
そして、深い気づき・・つながり感・・パワーアップ・・価値観・・
付録として、笑いネタ!
というメニューでお送りします。

Posted by genius_sakurai at 10:22 | TrackBack

2003年07月21日

心のリフレッシュ

月に数度の心のリフレッシュが、ネイルサロンに行く事です。自分ではボロボロになるネイルが
美しく仕上がっていく様子を見ていると、どんどん気持ちが浄化されていきます。
そうそう、緊張感という意味でも、ネイルをつけている時の方が、指に無意識に適度な緊張感が出て
美しくなることが実験結果として出ているそうです。まぁ、スカートをはくと足に緊張感が出て
足が美しくなる・・見られる仕事をすると輝く・・という、アレですね。
まぁ、指が美しくなっているかどうかは別として、気持ちがいい〜。
やっぱり、こんな細かいことは、人様にしていただく事が一番!

結局、面倒なだけなのかも??

Posted by genius_sakurai at 00:45 | TrackBack

2003年07月18日

覚悟すること・・

最近、覚悟するという言葉が自分の中によく出ます。何を?すべてです。
本気で自分が覚悟した時の行動っておもしろい!取捨選択の結論に迷いがなくなるっていう感じです。
もちろん迷いが全くないか?というと若干の迷いは出ますが、今までと比べて、その迷いの時間が短くて
出した結論も引きずらない・・。これって私にとってはすっごく楽な仕組みです。だから今まで以上に
物事をはっきりと言ったり、人にもストレートにぶつかります。収穫も確実にありますね。

覚悟するということを体感しているわたしです。

Posted by genius_sakurai at 00:30 | TrackBack

2003年07月15日

アクセルを踏み続ける

アクセルを踏み続けることは大変です。

アクセル?そう、簡単に言うと自分自身に勢いを持ち続けるということです。
どうしても途中で止まりたくなったり、アクセルを緩めそうになったり・・。
今までの自分に変化を起こそうと思うと
最初はやっぱり苦しいですね。でも、アクセル踏み続けますよ!
腹くくって決めたことですからね。

アクセルを踏み続けてその先にあるものを見に行きます。

Posted by genius_sakurai at 00:13 | Comments (2) | TrackBack

2003年07月13日

日本の文化

京都の庭師(作庭司)の小野陽太郎氏の講演に縁があって参加しました。
庭師であり、竹内流古武道第16代師範でもある多才な方でしたが
宮本武蔵の剣や絵を通して生き方についての興味深い話だった。

宮本武蔵の有名な絵のひとつである「枯木鳴鵙図(かれきめいげきず)」の絵解きをしながら
目に『見えている』ものだけではなく、見えていない物を『観る』ということが大切で、『見る』ではなく『観る』ということを訓練することが大切だという。
観るということは、その人の経験や知識、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚・識覚をフル活用して観ることだという。
その視点でその絵を見ると、なるほど書かれていないはずの絵が観えてくるのです。そして、実は目に見えているものの中に『観る』ための答えがすべてある・・という。

とってもコーチング的だなぁ・・と思いつつも、実は日本には昔からあったものでそれが忘れ
去られているだけなのかも?と感じました。

見えているものの中から、見えない部分を観る。精神的な鍛錬が必要ですね。

Posted by genius_sakurai at 19:56 | TrackBack

2003年07月06日

歩いているなぁ

やっと自分がやりたかった事のひとつを実現しました。今日、コーチングセミナーを開催したのですが
たくさんのコーチと参加者の方がコーチングの体験を通してひとつになって、その光景がなんとも言えず
会場が本当に美しい空気に包まれていて『あぁ、私がつくりたかった空間が目の前にあるなぁ・・』と
その状態を眺めていて、本当に心の底から幸せになりました。

帰りに参加者の方の表情が確実に変わっている状態を見て
自分が創っている道に確信を持てたのも収穫でした。

歩いているなぁ・・そんな気持ちがしています。

Posted by genius_sakurai at 01:58 | Comments (1) | TrackBack

2003年07月04日

セール・SALE

ちまたはSALEでいっぱいですね。以前の会社は少し?街から離れていたのでSALEも
『あ〜やってるんだ・・』でしたが、今のオフィスはSALEのど真ん中。
はっと気づくと両手に紙袋持って歩いているわたしがいます。(笑!)

ふと、今回、買ったものは全て黒でした。これって何か意味がありそう。・・という事で、
この色がわたしにとって、どういう意味があるのか?(まるでコーチングのような)問いを
自分に投げかけました。結論、私にとって黒のイメージは>落ち着き感とか、
鋭さとかストレートでした。今、自分が目指しているまさにそのままです。
不思議と手にしているものですね。自分が求めているものを・・。

Posted by genius_sakurai at 22:04 | Comments (2) | TrackBack

2003年07月01日

本当の影響力

先日の燃え尽きた人の話をパートナーとしていました。
彼の肉体はもうこの世にはないのですが
影響はどんどんと広がっています。彼の死を惜しんで様々な事が日本とCANADAで起こっています。
彼はきっと一分一秒を自分のために生きた人なのですが、それをやり遂げたからこそ
亡くなっても彼に影響されている多くの人がいるのでしょう。

ただ自分の思いを大切にして、出会った人も大切にして、ストレートに相手にその気持ちを差し出す。
そんな単純なことができなくなっている事を、環境のせいや周りの人の
せいにしている人のなんと多いことでしょう。

彼は彼の人生を持って生きるという事を見せてくれたように思います。

Posted by genius_sakurai at 00:02 | TrackBack