2003年03月16日

職人

友人に連れていってもらったお寿司屋さんに、
リピーターとして行ってきました。
そこのオヤジについて・・。

メニューはオヤジにお任せしたのですが、
とにかく、『んまいっ!』ネタが新鮮なのは当たり前なのですが
素材を良く知っていて、その素材をどうやって食べれば
最もおいしく、目の前のお客様が最も喜ぶか?
という事だけを考えてにぎってくれます。

これ、実はシンプルなんですが、ものすごく難しいことですよね。
素材を知り尽くしていて、かつ目の前のお客様のために・・って
考えるだけは誰でもできるけど、それを形にして出してくれる。
さらに、お客様が評価してくれる結果を出す。

ある人がそのお店をリッツよりも、個人にあわせた
ホスピタリティのあるお店だ!と感心していた意味が
良くわかります。

あのオヤジはきっとシンプルな姿になるまでに
40年〜50年位の修行したんだろうな・・。
やっぱり職人はすごいっ!

Posted by genius_sakurai at 2003年03月16日 23:06 | TrackBack
Comments

行きたい、そこのすし屋・・・。

Posted by: maki on 2003年03月23日 23:44

櫻井さん!ご無沙汰しております。初めてこのページに来ました。システムがいまいちよく分からないのですが、コメントします。

最近よく考えることなのですが、職人になるほど、何十年間も一つの事に、打ち込めるものに出会えるというのは、とてもすごい事ですね。大抵、何かを成し遂げている人は、何十年という単位で一つの目標に進んでいます。

40〜50年先の自分が、それまでの努力の上に、今と同じ目標で努力し続けられるか・・・。櫻井さん、また直接お話したいです。

Posted by: Masako Morimoto on 2003年03月24日 00:24

コメントありがとう!

ご要望があれば、お連れしますよ割り勘で(笑!)
本当の意味で職人になる人は
努力し続けられるか・・?
と思って努力してるものではないんだろうな・・。
やっぱり、好きなんですよ。
きっと・・。

Posted by: Sakurai on 2003年03月27日 01:59
Post a comment