2005年02月07日

メイクをすることについて

このブログでもメイクについて少しは書いていると思うけど
今日は改めて、ami'sメイク術?を語ってみたい気分なのです。
なぜならば、今日会社で同僚に「そんなに細くどうやってアイライン入れてるの?」とか
「つけまつ毛してるみたいにまつ毛がきれい!」とかって言ってもらった。
その答えに「だって、つけまつ毛してるもーん!アイラインは超丁寧に引いてるもーん!」って偉そうに答える私。
何が言いたいかというと、メイクはバレるようじゃダメってこと。
わからないように手をかける。それがきれいにメイクするコツだと思う。
あとは、必ず明るいところでメイクをすること。これ基本!
私の部屋は東に窓があるので、朝はそこでメイクします。
東にはベットがあるけど、そこにメイクグッズ、鏡をそろえて正座をして20分。
緊張感を持って、丁寧に丁寧にね。
そして一番大事なことは洗顔。
洗顔はメイクと同じだけ時間をかけること!なんて言うけど、これホント!
私は酔っ払って帰る日以外は20分弱かけてます。
何をしてるかというと、アイメイクだけは専用オイルで落とし、あとは洗顔石鹸をよーく泡立ててトリプル洗顔。メイクは石鹸でしっかり落とせます。その後、ホットタオルで顔に3分ほどあて、冷水で肌をひきしめます。こんなことをやってるとあっという間に20分。
この洗顔方法を始めて1年半が経ちます。化粧崩れがしないことに驚きだし、自分の肌をいたわる気持ちがわきます。ぜひぜひオススメです。