2004年09月13日

14歳からの哲学を読んだ

ようやっとこの本を読み終えました。
14歳からの哲学〜考えるための教科書〜 池田晶子著

中学生向けに著した哲学本。
だけど、内容はちっとも落としていないところが難しかった。
数頁読むたびに、問うて考えてしまうので読み終えるのにかなりの時間がかかった。
哲学という学問というか考えるということに無縁に育ってしまった学生時代。
この本は答えをだしてくれるわけではないし、謎が解けるわけでもない。
だから、自分の感想というものも何だか定かではないのでけど、「自分が今ここにいる」
ということ、そしてそれが「あたりまえ」ということの不思議は、これからも大きく考えていくことになりそう。考えること・・・がものすごく大事だと伝えてくれてる本です。
ぜひ読んでみてください。

Posted by ami at 13:07 | トラックバック