December 31, 2004

2004年よ さようなら!

大晦日です。

朝から がめ煮と栗きんとんと数の子をこしらえました。
作りながら『ごくせん』の再放送を見て
昼前後は ベランダから
雪でスリップして立ち往生している車たちを野次馬見物し
そのあと 雪が小止みになったので歳末の買い物に。
4時くらいから 田中家忘年会を始め
そのあと○けトランプに突入。

現在 飲みすぎをお茶で中和しつつ
最後のエントリーを書いてます。

今年は これで終わりです。

最後になりましたが 
私に様々な刺激をくれたみなさま
癒しをくれたみなさま
笑いをくれたみなさま

どうも ありがとうございました!


Posted by tanaka at 10:07 PM | Comments (0) | TrackBack

December 26, 2004

甘いもの食い

日々是試練であります。

与えられた試練の中身によっては
『へこむ』わけです。

そう、まあるい輪の一部が陥没してしまったかのように。
それでは 具合が悪いので
穴埋めのためにある種の欲求が噴出しますが
私の場合は たいてい
“甘いもの乱れ食い”へ走ります。

さっき 板チョコ一枚とチョコバナナクレープを食いました。
ふう・・・・・

深酒したり
♂に走ったり
ブランド物大量購入したりするよりは
ささやかでしょう。

あっ このエントリーを書いていたら
ぜいたくに髪を切りにゆくという新たな欲求が生まれました。

エステメニューのオプションをつけまくって
まいります。

どうせなら かっこいいおにいちゃんがいるサロンがよいでせう。

Posted by tanaka at 06:12 PM | Comments (0) | TrackBack

December 22, 2004

試練

041222_1044~01.jpg
マンションの保守点検で 温存されるはずの非常用エレベーターまで止まってしまいました。階段室をひたすら登っています。

Posted by Tanaka-photo at 10:46 AM | Comments (0) | TrackBack

December 14, 2004

冷凍代

ここのところエントリーが滞っていたのは
叔父の葬式とそれにまつわる諸々で忙しかったからです。

叔父には子どもがいませんでしたし
生存する兄弟が私の父だけなこともあり
私と私の両親が 喪主である叔母といっしょに
葬儀を取り仕切った感がありました。

さて・・・・・・

病院にて 死亡を宣告されると 家族は葬儀屋さんを選定して
さっそく遺体を迎えに来てもらうところから
あの世へ送る大仕事が始まるのですが
葬儀屋が出してくる 通夜&葬儀の見積りというものを
母が始めてみて びっくりしていました。

セット料金として ひとまとめに表示しているものの
ひとつひとつを質問してゆくと
遺影を飾る花が蘭になると2万プラス・・とか
祭壇をランクUPさせると10万刻みでプラスとか・・・。

マクドナルドなら 
『ポテトはいかがですか?』
『いっしょにお飲み物はいかがですか?』と
あとからオプションを勧められるカタチですが
葬式は 余計なものまでくっついてドカンとセットで売りつけられる危険が
高いようです。

一番驚いたのは
『内臓をできるだけベストの状態に保つための処理、冷凍の薬剤でプラス15万』
どうせ 葬儀のあと火葬するのだからと 速攻でセットメニューからはずしてもらったそうな。

元気な頃は 歳をとっても色気の失せない粋な叔父でしたので
千葉のローカル葬儀屋の段取りの通りに
送られていく様子はヒジョウに無粋で
私は すっかりシラケておりました。

通夜と葬儀 ずっと受付をやっていて
葬儀屋から渡された“受付マニュアル”なるものでさらにシラケていましたが
ひと昔前まで 銀座でブイブイ言わせていたのであろう
叔父と同じ匂いのする粋なオジイサンが数人弔問に現われたところで
うっっと涙がこみ上げました。

Posted by tanaka at 12:12 AM | Comments (0) | TrackBack

December 05, 2004

ナルニア国物語 映画化!!!!

ひさしぶりに 新聞見て 血が逆流しました。

2006年に公開ですって。
ナルニア国物語の一作目『ライオンと魔女』

嬉しすぎて言葉がない・・・・・
どんな映像作品になるのか
恐れる気持ちもある・・・・・

2006年まで どうやって待ったらいいか
ちょっと考えないとです。

Posted by tanaka at 11:20 AM | Comments (0) | TrackBack