January 28, 2004

おお!blog一周年

 

040128_1526~01.jpg

なんと 今日で BLOGをはじめて 一年目でございました。

いつも いつの間にか あちこちいじってくださっている大家さん

コメントくださるみなさん
読んでくださっているみなさん

いつも どうも ありがとうございます。

これからも よろしくお願いいたします。

一周年・・・といって これといって ナニするでもなく
今までどおり やっていきますゆえ。(笑)

Posted by tanaka at 03:30 PM | Comments (3) | TrackBack

大賞を授与した側の思惑

また 書きかけのエントリーが消えると PCをぶっ壊したくなるので 簡潔に。

前のエントリーの続きです。

レベル△らレベルに パワーUP(down?)したときに
私は なにかしなかったか?

このとき 3人のひとに向かって話しをしていたのですが

大賞受賞者が
『飲み込もうとせずに ペロッと味見してやりすごそうとしているな』と
感じたことから来る違和感がじわじわ広がりつつも
それらすべてを受容し 尊重しようとする態度を意識的にとり続けていました。

・・・が、プログラムが 3人でディスカッションしてもらうところに進行したところで 
さすがに 『話しを聞いてもらう(理解してもらう)モード』に
スイッチング。
ほかの2人にとっての、グループとしての成果が上がる方向、
揃ってもらう方向に引っ張ったかもしれないです。

その瞬間 大賞受賞者はレベルに突入しました。

ふ〜う 難しいね。
集合研修っていっても たった3人なのに。

Posted by tanaka at 12:13 PM | Comments (0) | TrackBack

・・・・・・・・・・・・・・・・

パソコンが新しいのはいいのですが
マウスが感応しすぎて 暴走し
かなり書き上げたエントリーが2回消えてしまった。

Posted by tanaka at 11:59 AM | Comments (0) | TrackBack

January 27, 2004

人の話しを聞かない大賞 

そんな賞を贈呈したくなるようなオカタに会いました。
途中まで 四つに組んでいたつもりでいましたが
後で振り返ってみると 
喧嘩四つで 上手争いしているうちに
私のほうが戦意喪失したような・・・。
まだまだ修行が足りませぬ。

コーチングで『聞く・聴く』にもレベルがある云々といいますが
『聞かない・聴かない』にもレベルがあると思う。

レベル /佑話していることの中身が 自分にとってまったく納得度のない状態。
レベル◆]辰靴鬚靴討い訌蠎蠅瓦函〜衢討譴覆ぞ態。
レベル 対話の相手の存在が消去されている状態。

本日の大賞受賞者は レベル△らレベルにレベルUPしてゆく過程も
見せてくださるという大サービスでございました。

すごいなあ。

Posted by tanaka at 01:37 AM | Comments (2) | TrackBack

お懐かしや

rocks.gif

ロックナンバーばかり集めたQUEENのベスト版ですが
知らん曲が結構ある・・・。
『JAZZ』以降は聴いてないもんなあ。
知ってるヤツだけピックアップしてパソに落としました。

昔聴いたLP盤は実家に置きっぱなしになっていて
いつか手元に引き取って わが手で育て・・・いやプレーヤーで鑑賞可能にして・・と思いつつ 
最近やっと CD盤を買いなおす気になってきました。

Todd Rundgren@Utopiaの『RA』とか
ELPの 骸骨のジャケットを開くとメデューサが出てくるジャケットのやつとか
(↑タイトル忘れた・・・)
じぇふべっくとか

Posted by tanaka at 12:59 AM | Comments (4) | TrackBack

January 20, 2004

ふるさと小包

今年の年賀状で 3等のふるさと小包があたった!

こういう場合 この年賀状をくれた人にプチ感謝したりするのですが
これは 上下さかさまにプリントしてNGになった
いわゆる『書き損じ』で
つまり 自分で買った年賀はがきなのでした。

新年そうそう 災いを福と成してしまって
縁起がよいではないかっ。

Posted by tanaka at 02:20 PM | Comments (0) | TrackBack

January 19, 2004

過保護ではなく

センター2日目。
今日も 迎えにいきました。

朝 出るときは え『自力で帰ってくるやろぉ?』『うん』という打ち合わせだったのに
あとで『やっぱり迎えに来て』というメールがきました。

昨日は あんなに 押し売りして迎えにいったのに
今日は 『はぁ?自分で帰ってこいよー』と悪態つきながら車で向かう・・・

要するに 私は 好奇心の針の振れのままに 行動しているだけのよう。
昨日 迎えに行ったときに 
いろいろ(未知のルートを運転したし キャンパスも覗いたし 受験生も観察したし
娘の同級生たちにも会ったし)
結構 満足したので
今日行っても つまんなかったです。

でも そんなことは娘には言えない・・・・。
今日も 昨日と同じように 過保護な親の顔で迎えに行きました。

Posted by tanaka at 01:23 AM | Comments (0) | TrackBack

January 17, 2004

過保護

全国的にセンター試験1日目だす。

どうしようかなあ と考えたけれど
結局 車で迎えにいきました。

明日もあるし。
高台にあるので思いのほか雪が積もっていて
滑って転んで手首でも捻ったら大変だし。
ウチから近いから ワザワザって感じでもないし。

まあ おんなじことしよる親が10人 いや4,5人くらいは
おるやろうと思ったら
ウチだけでした。

ははは・・・・我ながら過保護ですなあ。

Posted by tanaka at 09:08 PM | Comments (0) | TrackBack

January 14, 2004

新調したPCを覗く鬼太郎おやじカメラ

PC買いました。

FMV−BIBLO NB70E

パソコン買うのは3年ぶりです。
3年前は次女のimacを買い(入学祝也)
そのさらに5年前には 打ち込み用にperforma588を。
             (まだ生きている↑)

いままで仕事で使ってきたマシン(ウインドウズ)はみな借り物や頂き物だったので
自分で買った初めてのウインドウズってことになります。

FMVに決める過程が 結構 減点法的発想だったので
うちに持って帰っても 自分の中の盛り上がりがいまいちだったのですが・・・・
この面白いカタチのWEBカメラをとりつけたところで
俄然楽しくなりました。

040114_2245~01.jpg

なんだかいいでしょう。ふざけたカタチで。

あっ、それから 余裕でインターネットラジオが聴けるようになったのも
ヨイです。
FM01というクラシック専門チャンネルをかけっぱにしてます。

Posted by tanaka at 11:19 PM | Comments (0) | TrackBack

LOLA vs SLAVA

このブログの大家さんのエントリーにあった VOCALOIDという音声合成ソフトの
デモ
聞いてみました。

ひゃああ マライアキャリーもまっつぁおの音域
バスからソプラノまで出せるのね。
そりゃ そうだ 合成だから。

でもさすがにクラシックの発声はキビシイだろう と
グノー・バッハのアヴェマリアで意地悪く拙いところを探しましたが  
跳躍した音とかで聴かせてくれたりして すごいです。 
くっそぉぉ 難しいんだぞ。1オクターヴ スラーで上がるのは。 

これに ビブラートの幅とスピードにも少し表情がついたら より
声楽の発声には近づきますが このLOLAのフラットな感じが逆に心地よく
どこかで聴いたことがあるようなと思ったら
カウンターテナーのスラヴァの歌声と同質な感じがするのでした。

スラヴァ 好きな人は好きだけど 嫌いな人は嫌いですねえ。
私は 好きです。

Posted by tanaka at 12:59 AM | Comments (0) | TrackBack

January 07, 2004

加湿

いえの外に一歩も出るな・・・といわれてもそうはいきませんし
明日から 学校も始まるので
外界からインフルエンザが持ち込まれる確率が
かなり高まってきました。

一家全滅・・・という最悪の事態を予防すべく
2004年のスタートから 加湿器フル回転で
ウチの中は 亜熱帯気候となっております。

なんだか マングローブとか生えてきそうな感じ。
・・・と おもっていたら 胡蝶蘭が再びつぼみをつけはじめました。

040107_1040~01.jpg


やっぱり 亜熱帯・・・・・

Posted by tanaka at 10:43 AM | Comments (0) | TrackBack

January 06, 2004

伴奏屋 ふたたび

ちゃんとピアノを弾かなくなって はや6年。

もともと譜面を読むのは早いので(自称 初見の女王)
ちょっとさらえば 簡単な伴奏は やっつけられる・・・はずでしたが
さすがに ここ2,3年は それすらキビシクなってきていました。

そして この春 とうとう娘の伴奏者をクビになり
(『ママの伴奏だと こっちがハラハラして弾けんから もういい』と言い渡された)
それ以後は いよいよもって ピアノを触らなくなってましたが
昨年末の 娘及び 他の受験生の練習時の伴奏をせよとの 
先生からの依頼により(先生のお言葉=神の声)
年末年始中 ひさびさに 汗が流れるほどに練習しております。

伴奏屋魂 ここに復活!

この感覚を忘れてましたが 弾けば弾くほど 音楽の構造が透けて見えてきます。
音符の配置は座標上の直線や曲線であり 
切り取られたカタチが照らされる色とりどりの光のイリュージョンであります。
 
伴奏屋は ソリストを活かすも逝かすも さじ加減一つな快感を感じつつ
やはり100% 活かす方向に全エネルギーを集中しているフリをしながら
10%くらいは 自らの自己主張(欲望)を織り交ぜ
時に それを見破られ 『ピアノ 切り込んでいかないで!』とか指摘され 舌を出す。

嗚呼 青春!

Posted by tanaka at 09:44 AM | Comments (0) | TrackBack

January 05, 2004

黒龍

040104_1744~01.jpg

福井 幻の銘酒です。

初体験 鮒寿司とともに いただきました。
鮒寿司の匂いを かなり恐れていましたが
さほど すごい匂いでは ありませんで ちょっとがっかり・・・

味は 酒にぴったんこです。
黒龍は 文句なしに 美味!

Posted by tanaka at 08:04 AM | Comments (0) | TrackBack

January 02, 2004

大当たりらしい

040102_1158~01.jpg
フレーバーティーの福袋3000円也。25種類のお茶が50グラムずつ入ってます。『大当たり』の紙も。

Posted by Tanaka-photo at 11:57 AM | Comments (0) | TrackBack

謹賀新年

040102_1043~01.jpg
今年もよろしくお願いします

Posted by Tanaka-photo at 10:39 AM | Comments (2) | TrackBack