April 30, 2003

こーち

テレビをつけっぱなしにしているけど 絵は見えず なんとなくBGM的に音が流れている状態・・・
ふと作業の手を止めたときに ふっと音が聴こえてきたのですが

『今日の こーちについての特集は・・・』
 なに? ワイドショーで コーチングの特集をするまでになったのか?
 いや よく聞いてみると こーちのショップがどうのこうのと言っている。

ここで 私のアタマは こーちのショップを『高知のショップ』と漢字変換してしまった・・・。
高知県の特産品がならぶアンテナショップ、かつおのたたき、etc

そして 膨らんだ美味しげなイメージを パチンと破ったのが
『ブランドの中でも 特に人気のコーチ・・・』というTVの声。

なんだ コーチか。だよな。ふつう・・・・

Posted by tanaka at 10:20 AM | Comments (3) | TrackBack

“仕組み”に慣れっこな状態を打ち破る仕組み

もう3年も使っているので 見かけがボロボロのmy携帯のとりえは
待ち受け画面に 自作メッセージを表示できることです。

そのことを 大切なことをいつも覚えていたり意識したりするための“仕組み”として
使い出したのが 昨年の暮れ。

『丁寧に暮す』『MOZART的生活』『本番まであと○○日』と
いろんなことを 大切な御札のように携帯に記してきましたが
今日 いよいよ このように書き換えました。

『絵に描いたモチでいいのか!?』

最近は 待ち受け画面になにか書いてあることに慣れっこになって
見ているのにアタマやハートが反応しない日々です。
だったら携帯から離れて まったく別の仕組みを作ればよさそうですが
それは くやしい。
しょっちゅう見たりいじったりしているモノを 
自分のいいように活用できないとは・・・・。

しかし現実は『絵に描いたモチでいいのか!?』と入力してから丸1日 忘れてた!
何度も携帯使ったのに・・・
かなりやけ気味で 一時間おきにアラームを鳴らすことにしました。
曲は Bachの『トッカータとフーガ』。
(たらり〜♪鼻からぎゅ〜にゅ〜♪と言えばわかる?嘉門達雄め!)

Posted by tanaka at 12:16 AM | Comments (0) | TrackBack

April 29, 2003

からだに寄りそう

もとご近所で 大学の先輩でもある波多江さんの新刊。

karadaniyorisou.jpg

  
  
  
   「健やかである」というのは
   病気を持たないことではない。
   どんな状態になっても最後まで 
   自分のからだを許し 
   楽しんで世話をするあり方を
   指すのではないか・・・。

   (本文より)


   
    
   見方を変えるだけで だれでもすぐに
   『健やかである』ことができるんですね。

   ひとつの見方にロックされてしまった状態を
   変えてゆくお手伝いができるといいなあ・・
   コーチングの可能性をそこにも
   感じたのでした。

おしゃれな波多江さんらしく “闘病”が暗くも湿っぽくもないところが素敵です。
ご近所時代 生協の共同購入の時間が毎週木曜2時。
ペンを握っての内職の締め切りの前日だったので
毎週すごーーーい格好でマンションのロビーに現れる私に
『その 膝のところがのびたタイツは今すぐ捨てなさい!』と怒りながら
コリコリに凝った右肩と腕をマッサージしてもらった・・・。
そのとき「私 いつも末期ガンのヒトのマッサージしてるから上手いのよ」と。

Posted by tanaka at 07:46 PM | Comments (0) | TrackBack

April 23, 2003

ああ、もう そうしか見えない・・

yamasaki-ni.jpg

ロードオブザリング、エルフ“レゴラス”役のオーランドブルーム。
ちらっと 『山咲トオルだ!』と思ってしまったら最後
そのようにしか見えなくなってしまった。
なんて ことだ・・・・

Posted by tanaka at 11:11 PM | Comments (4) | TrackBack

2つの塔

fangorn4.jpg

ロードオブザリングの2作目をやっと見てきました。
壮大なファンタジーの世界を満喫。
ほとんどカラダを動かすことなく200分いすに座っていたらおしりのほっぺがしびれ
アラゴルン役のヴィーゴモーテンセンにもしびれました。

斜め後から『現実の世界で戦争やってる時だから複雑だよねぇ・・』という会話が聞こえてきましたが、
そういう見方をしてしまうと楽しめないでしょう。お気の毒に。
確かにこれはファンタジーであるいっぽう また大掛かりな寓話であるともいえます。

でも現実の戦争は決してドラマチックでカッコよくはない。
本や映画からは『ストイックなメッセージを読み取らなければならない』という前提にとらわれると
求めたはずのご託宣と逆向きの毒を食らうことになりかねないでしょう。

Posted by tanaka at 04:21 PM | Comments (0) | TrackBack

April 19, 2003

偏頭痛

偏頭痛持ちです。

皮肉なことに 偏頭痛というのは 忙しく緊張状態にある日々から開放される時に勃発します。
つまり『月曜から金曜までずっと忙しかったけど週末はゆっくりできる』という場合
金曜の夜あたりから変な生あくびが出だして 
翌朝目覚めるとアタマがガンガンガン・・・
『疲れをいやす心地よい週末』を頭痛によって奪われるのはやりきれないものがあります。

でも『偏頭痛は私の健康維持のための自己防衛本能によって起こる』というのも半分本当のようです。
気分さえよければ イケイケどんどん どこまでも無茶して動きつづけるヤツに
カラダが 頭痛によって無理やりブレーキをかけているとすると
私は相当 “ON OFFのスイッチングのへたくそなヤツ”のよう。

いや リズム感が悪いという感じもするな。
トライアングルのようにワルツを振る子供のよう。
ワルツは (1+1+1)拍ではなく 
微妙なバランスで成り立つ3つの拍あわせて“一つ振り”(指揮者はおおきな1拍として振る)が素敵です。

まあ でも 『ON』となったら突っ走る健気なヤツでもあります。

今日は 土曜日。 
アタマいたたたた・・・・・

Posted by tanaka at 07:06 PM | Comments (0) | TrackBack

April 18, 2003

ブラームス研究の集大成

YTanaka-thumb.jpg

このCD&解説本の出版を記念して
オンリーブラームスプログラムによる室内楽の5日連続演奏会を
プロデュースします。 

・・・・ってなこと やれたら 素敵な冥土の土産ですな。はっはっは・・・
冗談ですよ。冗談。

しっかし 今日 一日 画像が表示されない間抜けなエントリーを放置していたので
せっかくのジョークがお間抜けでした。

Posted by tanaka at 10:07 PM | Comments (6) | TrackBack

April 14, 2003

魔法使いの弟子

昨日 茅ヶ崎交響楽団のファミリーコンサートを聴いてきました。
親しみやすくポピュラーで なのに実は難曲というプログラム。
眉間にしわ寄せて小難しい交響曲をやるより 
ずっと難易度が高く しかも エンタテイメント性あふれる演奏会でした。

昨日演奏された曲のひとつ『魔法使いの弟子』は 楽しい曲です。
ディズニーの“ファンタジア”にミッキーをキャスティングして登場しますが
あらためてウォルト・ディズニーって凄いわ。 

『魔法使いの弟子』はもともとゲーテが描いたお話があるので当然といえば当然ですが
ファンタジアに収められている『田園』や『春の祭典』も
音のひとつひとつ かもし出すオーラに よくもああ ぴったしの映像を創造したものだと。
これ 安易にやられると イメージを固定されるorぶち壊されてしまうことへのアレルギーを起こします。
CMがその最たるもの。オー人事のチャイコフスキーなんてヒドイ!
訴えてやる〜〜〜!


Posted by tanaka at 10:41 AM | Comments (0) | TrackBack

April 13, 2003

ステラおばさんの誕生日

茅ヶ崎の“ステラおばさんのティールーム”でサンドウィッチを食べました。

帰りにレジで パウンドケーキをひと切れ お土産にいただいたのですが
『今日は ステラおばさんの誕生日なので』と レジのおねえさんの弁。

ステラおばさん 今日で何歳?と
その後 車に乗って渋滞にはまってから気になりだした。

【アメリカの南部の田舎に実在したステラおばさんは
10年前に 秘伝のクッキー種のレシピを残してこの世を去った。
いつも焼きたてのクッキーで幸せな気持ちにしてもらったばあちゃんっ子の孫娘が
この味をたくさんの人にと事業化して・・・】

ああ、空想は限りなく広がるのであった・・・・。
さっき レジのおねえさんに聞いてみればよかった・・・・。

アトムの誕生日みたいなモンだったりして。
HPとかあったら書いてありそう。
調べて夢がしぼむ前にエントリーします。

Posted by tanaka at 06:26 PM | Comments (1) | TrackBack

冬の日の幻想

誰がなんといおうと 春真っ只中ですが
春はどうも落ち着かないです。

もわ〜〜っと生暖かい風に吹かれると なんだかアタマ全体がモヤモヤする。
(花粉症はまったくありませんが・・・・)
5月 初夏の日差しに 青葉がわさわさ繁りだして草いきれなど立ち昇ってくる感じが
うううむ 苦手だなあ。

夕べ CDを聴こうと 無意識にセレクトしたのが
チャイコフスキーの交響曲第1番『冬の日の幻想』。
『今ごろ “冬”かよ!』と さま〜ずの突っ込みが聴こえてきそうでしたが
聴きながら 心地よくクールダウン。

あっ、中学生のころ 男子が苦手でした。(笑)
背がニョキニョキ伸びてきて 中途半端にヒゲとか生えてきてやだったなあ〜〜〜。
(オトコの人 すみません。お互い様ですかね。)

あのころの クールダウンアイテムは何だったっけ?

Posted by tanaka at 11:21 AM | Comments (0) | TrackBack

April 12, 2003

増えたっ!

030412_2105~00.jpg

左招きを迎えに行って 
ちいさめを2匹連れて帰るの巻・・・・

両手招きもいたけれど 
それはちょっと欲張りなヤツ過ぎる感じ。

なので 右招きと左招き一匹ずつにしました。
もっと欲張りか?

Posted by tanaka at 09:19 PM | Comments (0) | TrackBack

April 10, 2003

働いたり休んだり

1,2月ごろ 社員になりたい病に罹患しておりました。

とにかく 毎日出勤して 決まったお給料をもらうヒトになりたかった。
・・・で 3月になって [憑き物]が取れまして
ただいま アルバイト生活中です。

今週一週間でいうと 
月曜 午後仕事
火曜 午後2時間ウチで仕事
水曜 フルタイム
木曜・・・お休み・・・・
金曜 フルタイム

当然 仕事でない時間をまったく自分だけのために使えるわけではない・・・。
それらを 自由にartisticにデザインできるか否かが 
『働いたり休んだりライフ』を贅沢ライフにする 私にとっての“肝”です。

・・・・ってなわけで これから合唱に行ってきます。


Posted by tanaka at 02:16 PM | Comments (4) | TrackBack

April 08, 2003

裏東京ドーム

土曜日に東京ドームに行きました。

東京ドームでは 人知れず(笑) パリーグの試合もやっています。
日ハムVSダイエーを見に行ったのですが
当日券売り場は ちょっとした行列ができてました。でも ものの5分で窓口に到達し
(大雨なのに外の遊園地の入り口のほうが長い行列)
3塁側ベンチ真上の3列目が買えました。
売店も半分しかOPENしていないし トイレもすぐに入れます。
ヒトが少ないから酸素が多いかも。

それでも2万くらいは入っていたらしい。
日ハムVSオリックスとかだったら もっと凄い東京ドームが見れるかも。


Posted by tanaka at 01:10 AM | Comments (0) | TrackBack

招き猫

030408_0859~00.jpg
陶器の招き猫を買いました。
高さ20センチ 胴回り50センチと 体系はほぼ『トトロ型』で
古典的な姿ではありません。
なにしろ顔かおもしろい。
目とクチが糸のよう・・・“にゃん”と 招き猫ポーズの『パタリロ』に似ています。

東京駅の大丸7Fの『海外好適ギフト』というコーナーにあるのですが
招き猫には 右手を挙げてる『右招き』と 左手の『左招き』2種類あるとは知りませんでした。
右招きはお金を招き、左招きは人を招くそう。


お店のひとが『ご商売の方は 人が来ること=儲かるから 左招きを買われますが
ご家庭用なら右ですね』というので 素直に 右手を挙げたパタリロを買ってきて飾っています。

が、どうも気になってしょうがない。
あの左招きを連れてかえらなかったのが どうも・・・
猫はタタルというからなあ。
ヒトがこなくなったらどうしよう。

これは早めに左招きも迎えにいくことにしましょう。

Posted by tanaka at 12:31 AM | Comments (6) | TrackBack

April 02, 2003

山口達也的婿希望

TOKIOの山口達也君(藤井隆は呼び捨て、山口君は君付け!)は
大工仕事も上手だし 料理もできるし、器用でチカラ持ちなところがすばらしいです。
まあ 彼の私生活を見たわけではないので 実際のところどうなのかわかりませんが
DASH村で活躍する『山口達也』のようなヒトが身内にいたらいいのにと思う今日この頃・・・

“話をきかない男、地図を読めない男”を読んで わらっちゃったのですが
私は 話しを聞いて しかも地図も読める女だだーーーっ。
(ってことは 話しを聞かず 地図が読めないヤツと暮らしているわけで・・・)
せめて どちらか片方でもイケテるように夫を改造するのはもう手遅れなカンジ・・。、
取り替えるのも面倒なので
唯一残された道は 娘の婿に期待するのみです。

婿が『おかあさん、調子悪かったビデオデッキ 修理しておきました』なんて言ってくれる日は
来るのだろうか・・・

******************************************

4つのエントリー 書いたら スッキリしました〜〜〜!
出口で詰まってたのね。

Posted by tanaka at 07:15 PM | Comments (0) | TrackBack

2時間=300円

急ぎで送りたい荷物があって 宅急便のタイムサービスを使いました。
フツウの送料+300円で 翌朝10時までに配達してくれます。

300円払わなくても 時間帯指定を午前中にしておけば 12時までには配達されるので
その2時間のために300円払ったわけです。

受け取り手が『1分、1秒でも早いほうがいい』とかいうので
『1000円くらい払ってもいいかも。ありがたいサービスだ』とか思ったけど
冷静になって考えてみると フツウに送っても 朝の9じくらいに持ってくることも
あるんですよね。

前日までには 最寄の配送所まできているはずだから
配達の順番をちょっと入れえたり もしくは操作なしでも300円の付加価値をつけたことになるのねえ。

ふ〜〜ん いいけどねー、なんだか やられちゃったってカンジ。。。。

Posted by tanaka at 07:02 PM | Comments (0) | TrackBack

藤井隆<仲村トオル

この2人の共通点は、NHKの連ドラです。
3月までの大阪のヤツに藤井隆が出ていました。

藤井隆は 新喜劇で島田珠代とハイテンションで踊っている姿や
夜中の番組で 金髪のカツラをかぶって『マシュー』とか名乗っているほうが好きなんですが朝ドラでは フツウに俳優さんとして頑張っていて応援してましたが・・・・

4月からの新しい連ドラが始まって ・・ヒロインが一目ぼれする『仲村トオル』の登場。
おおお!そうそう、やはりドラマの主役はいいオトコでなくては。
わざとらしく 偶然に何度も遭遇するストーリーも 仲村トオルなら納得です。
ドラマは おもいっきり 絵空事でお願いしたい。

でも 私は藤井隆が好きだー。
フツウに ナチュラルな演技なんかせんといてほしい。

Posted by tanaka at 06:50 PM | Comments (2) | TrackBack

郵便ポストを疑ってみる

出さなければならない手紙をバッグのなかにいれっぱなしにしている・・ということが
結構あります。
手紙はすぐ書くのですが 手紙だけをだしに郵便局へ行くというのがどうも・・・・。
なので どこかに用事で出かけたついでに すぐそこにポストを発見したりすると
とても得した気分になって 投函します。
こういうの 筆不精じゃなくて 投函不精というべきか。

ずいぶん前になりますが 今日が投函期限!というはがきを持って
町田と多摩の市境という 東京都だというのにとんでもない田舎道を
車で走っていると 赤いポストがぽつ〜〜〜〜んと立ってました。
『やった。ポスト!』と思ったけど 狸やイノシシしか手紙だしにこないんじゃないかと思われるようなロケーションで
ここに投函したらいったいいつ回収にきてくれるのだろうとポストのサイドを見てみると
1日3回も来る!こんなところに!すごい!郵便局ってひま〜!と
驚嘆しながらおそるおそるはがきを差し入れたのでした。

『郵政公社になりました。よろしく!』みたいなチラシがメールBOXに入っていたのを見て
そんなことを思い出しました。

Posted by tanaka at 05:04 PM | Comments (0) | TrackBack

blogが遠い日

今日はなぜか新しいエントリーを書いては消し、書いては消し・・・
なんででしょ。

ちなみに 書きかけたタイトルは
『郵便ポストを疑ってみる』
『藤井隆<中村トオル』
『2時間=300円』
『山口達也的婿希望』

こんな思わせぶりな日もあってよいでしょう。
タイトルだけで 4つともだいたい内容が想像できたアナタは偉い!

Posted by tanaka at 01:25 AM | Comments (4) | TrackBack