May 08, 2004

アロマ素麺

実家から 島原素麺が一箱送ってきました。

我が家の夏には素麺は欠かせません。
家族4人で10ワは軽く食べます。
そのほかに 味噌汁にちょっと入れたり
酢の物に混入させたり
カルボナーラ風に仕立てたりするので
素麺を切らすわけには行きません。
しかし 美味しい島原素麺を食べつけているため
スーパーで買っているモノではブーイングが来るので
近場で補充するわけもいかず
実家にSOSを送信したわけです。

送られてきた素麺を開封すると・・・・・・・ん?
なんじゃ?この匂いは・・・・・・
物凄い線香の匂い。

素麺の一把、一把が
『これって白い線香?』と思ってしまうくらい
香りが染み付いています。

これは 仏壇に長いこと供えっぱなしにしていたに違いない!と
さっそく実家に電話すると
実家での滞留時間は一週間で もともとよそからの貰いモノだとか。
きっときっと仏壇に長いこと放置していたに違いない〜!

それにしても ほんとに物凄く線香。
緑に塗ったら間違えて火をつけそうです。
うううう これは食えないデス。
もったいない・・・・(涙)

もしや 火を通したら 匂いは飛ぶかも?と 往生際悪く
茹でて 味噌汁に入れてみたところ
線香味の味噌汁が出来上がりました。
いや〜〜〜 変な汗が出るお味です。
厳密に言うと 『味』が変わったのではなく 線香の香りプンプンになったわけですが
線香味になっている・・・と言い切ってよい状態。
味というのは匂いと一心同体ですね〜。

『火を通したら食えるかも案』の言いだしっぺの夫に
無理やり線香味味噌汁をひとくち飲ませ
この素麺一箱は もう捨てるしかない・・・ということを十分に確認させました。

なんとか 線香素麺の生きる道はないのか?と思案していた次女が
一把を小さめの花瓶に突っ込んで 部屋でアロマっている模様です。

Posted by tanaka at May 8, 2004 05:26 PM | TrackBack
Comments
Post a comment