April 30, 2004

そして『のだめ』へ


nodame_c5[1].jpg

『のだめカンタービレ』が次なる課題図書となりましたが
これは 面白い。

そして またもや ラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』が使われてます。

物語の中で この曲のソリストをやることになった主人公のひとり“千秋”が
『もっと くねくね もだえて弾け』という主旨の指導を受ける場面がありますが
まあ 実際の演奏会でも 
ほんとにもだえて弾いてるひと
もだえてるフリして弾いているひと
聴いてる(見ている)ほうにはわかるもんです。
『演技すんな〜〜〜!』と言いたい。

あ、指揮者もそうね。
最近 CDコンダクターが多いし・・・。

Posted by tanaka at April 30, 2004 10:34 AM | TrackBack
Comments
Post a comment