December 04, 2003

迷子

子供のころ2度程 迷子になった記憶があります。
駅の事務室やらなにやらで泣きもせず名前を名乗っていると
捜しに来た親とご対面・・・という結末。
親と合流しないとヤバイなとは思ったけど
たいして怖くはなかった・・・。

小学校1年の頃には 私鉄 国電(今のJR)乗り継いで
埼玉から九品仏あたりまで一人旅する可愛くない子供でしたが
今思うと 私の親よ よくそんなことさせたなぁ。

私は 娘2人とも 一度も迷子にすることなく 大きくしてしまった。
私とはぐれて どんなに心細いだろうと思うと
こっちの精神が持たないので 
決して迷子にならないように
綱つけておくくらいの勢いで注意を払っていました。

子供の私は 平気だったのに 
私の子供は 絶対平気じゃないと思うのはなぜだ?

もう 大きくなった今でも ウチにいると
娘の帰宅時間が 小刻みに気になってしかたがないです。

最近は 仕事で外にいると 気にするのを忘れているので
娘たちは 開放感を味わっていることでしょう。

Posted by tanaka at December 4, 2003 12:39 AM | TrackBack
Comments
Post a comment