September 19, 2003

育てる彼女が持つ“個”

信頼する仕事仲間が 昨年母になりました。
それ以来 おうちで子育て家業だった彼女を 私は 仕事に引っ張り出しました。

『楽しそう!』と参加してくれたのだけど
早々に 託児 夜間の子守 自分の健康 仕事に集中できる空間など
さまざまな問題が噴出して テンパッています。

まるで 産んでなお またやってきた“産みの苦しみ”のようです。

私は彼女に そのチカラを発揮して 活き活きと仕事してほしいのです。
そしてまた そのチカラを発揮して 楽しく子育てもしてほしいのです。
その両方を おおらかに やってのけてほしい。

精神的に“私ひとり”の気持ちになる時間があると
彼女はいままで以上に凄いチカラを発揮すると思う。
母子の時間が充実すると思う。

私が3,4年前 週に1日だけ 家の外に出かけて仕事をし始めたときには
会社にいながらアタマの中の半分以上は家族のことが占めてしまっていた。
それから 進んだり戻ったりしながら “私ひとり”の時間を増やしつつあります。
私は そうしたいのだと 遅ればせながら気がついたから。

彼女は 今はどうしたいのだろう。
彼女がなりたいようになることをサポートすること 
私が仲間と仕事する上での 
大切なミッションだと思っています。


  

Posted by tanaka at September 19, 2003 07:37 AM | TrackBack
Comments

最近、スペースチェックってばかにならないなぁと思っています。

普通コーチングではスペースチェックというと、コーチングセッションに集中するために主題に入るまえに、今の気持ちを見つめて、気になっていることを口に出してほっとするということです。

それ以外に、今の自分の心のスペースを何がどのくらい占めているのかを自分で気付くことが何をするんであれ、重要な気がしています。

だから、最近トイレに入ったり一人で考えているときには自分の心のスペースを占めているものが何なのか、見つめてみることが多いです。

「彼女」の心のスペースはどうダイナミックにうごいているんだろうね。

Posted by: yuki on September 19, 2003 11:07 AM

スペースチェックが
そのままコーチングに繋がっていくこと多いです。

『心の地図』が 今の自分にとっても
未来の自分にとっても 大切な起点になっている
気がします。

Posted by: tanaka on September 20, 2003 11:26 AM
Post a comment