April 30, 2003

“仕組み”に慣れっこな状態を打ち破る仕組み

もう3年も使っているので 見かけがボロボロのmy携帯のとりえは
待ち受け画面に 自作メッセージを表示できることです。

そのことを 大切なことをいつも覚えていたり意識したりするための“仕組み”として
使い出したのが 昨年の暮れ。

『丁寧に暮す』『MOZART的生活』『本番まであと○○日』と
いろんなことを 大切な御札のように携帯に記してきましたが
今日 いよいよ このように書き換えました。

『絵に描いたモチでいいのか!?』

最近は 待ち受け画面になにか書いてあることに慣れっこになって
見ているのにアタマやハートが反応しない日々です。
だったら携帯から離れて まったく別の仕組みを作ればよさそうですが
それは くやしい。
しょっちゅう見たりいじったりしているモノを 
自分のいいように活用できないとは・・・・。

しかし現実は『絵に描いたモチでいいのか!?』と入力してから丸1日 忘れてた!
何度も携帯使ったのに・・・
かなりやけ気味で 一時間おきにアラームを鳴らすことにしました。
曲は Bachの『トッカータとフーガ』。
(たらり〜♪鼻からぎゅ〜にゅ〜♪と言えばわかる?嘉門達雄め!)

Posted by tanaka at April 30, 2003 12:16 AM | TrackBack
Comments
Post a comment