February 15, 2003

戦場のピアニスト

・・・という話題の映画が CMや情報番組での紹介やらで やたら目に付きます。
おすぎが 早口で褒めちぎっているCMのほうはまだいいのですが
もうすこし長めに紹介(といっても 1,2分だけど)は もういけません。

今朝の『王様のブランチ』では 主人公の父親が ゲットーに強制収容される時に
抱えていたバイオリンをもぎ取られる場面がありました。
こう 書き込みしていても手が震えるほど辛い・・・。

劇場で 辛すぎてどうにかなってしまいそうですが
観にゆきます。

Posted by tanaka at February 15, 2003 05:58 PM | TrackBack
Comments

私、去年、観にいきましたよ。文化村で映画祭があったときチケットもらっていきました。監督がきてましたねー。
空腹でおなかがすいてどうしょうもなくて観ていたのですが、主人公が空腹で追い詰められるところで非常に共感したのを覚えています。(笑)

Posted by: yuki on February 15, 2003 07:27 PM

この手の映画は(・・ってまだ見てませんが)弱ってるところを感覚レベルで容赦なく突いてきますね。yukiさんにとって空腹は痛そうです(笑)私も 音楽の自由を奪われるという恐怖の次は 飢餓の恐怖なので ちゃんと食べて見ることにします。

Posted by: tanaka on February 17, 2003 02:09 AM
Post a comment